• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

最先端のコーヒーカルチャー超入門!

2013年5月9日

今コーヒーがひそかにブーム! 最新トレンドから家飲みまで徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 日経ウーマンオンラインでは、最近、コーヒーが美肌やダイエットに効果的だという記事(「コーヒーでシミが予防できる!?」「コーヒーは1日何杯飲めば効果的?」)を紹介したが、今、日本に新しいコーヒーのカルチャー「サードウェイブコーヒー」の波が起こっているのをご存じだろうか。「サードウェイブコーヒー」とは2000年頃にアメリカ西海岸から興ってきた波で、「産地や農園単位で選んだコーヒー豆を自家焙煎し、豆に合わせて挽き方や抽出方法に工夫をこらした一杯を提供する」というもの。これが日本でも数年前からひそかに流行、こだわりのコーヒーを飲めるコーヒーショップが急増中だ。

スペシャルティコーヒーの新しい潮流
若き焙煎家の独立系個人店が急増中

 10年ほど前のカフェブームのときは凝ったインテリアの“空間”を売りにするカフェが主流だったが、今、東京では、70年代後半~80年代生まれの若き焙煎家(ロースター)が営む「スペシャルティコーヒー」を出すコーヒースタンドが増えており、20代から30代のコーヒー好き男女に人気だ。代官山の「THE COFFESHOP」や、世田谷区奥沢にある「ONIBUS」がその代表例。そういった店では小さなカウンターでさっと立ち飲み、もしくはテイクアウト、がスタンダード。空間でなくコーヒーの味自体で勝負するのが特徴。こうした店は今後しばらく東京で増え続けそうだ。

 このページでは、若きロースターが経営する人気のコーヒーショップを3店紹介する。

コーヒーの世界へのエントランスを目指す「Cafe Obscura」

 東京・三軒茶屋にある「Cafe Obscura」は、すぐそばにある焙煎所「Obscura Laboratory」でローストしたコーヒーが飲めるカフェだ。今急増中の独立系スペシャルティコーヒーの店はスタンド型が多い中、ここはカフェ空間で提供。ひとりで来て読書したり、友達と来てお喋りを楽しんだり、思い思いの過ごし方ができる居心地の良い空間である。コーヒーはサイフォン式で淹れるため、ひとたび淹れ始めると店内にいい香りが立ち込める。

三軒茶屋の駅前商店街を抜けて路地に入った閑静な地にある。店内は13席、テラス2席。深夜23時まで営業しているため、仕事帰りに気分転換のために訪れる客も多い。
■Cafe Obscura
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-9-6
TEL:03-3795-6027
営業:12:00~23:00(LO 22:30)
定休日:第3水曜日
1982年生まれの若き焙煎家、柴桂範さん。業界の常識や流行にとらわれずに独自の視点で切り込んでいくことを信条としている。淹れ方は、「初心者の方に飲みやすいように」とすっきりしていて、コーヒー本来の味を明確に出しやすいサイフォンにこだわる。初心者の人のコーヒーの世界への入り口となるようにと、カフェ空間での提供を思いついたという。
ストレートコーヒーは季節により8種類程度。ブレンドは浅煎りですっきりした「フルーツ」、深煎りでコクと苦みが味わえる「チョコレート」の2種類。ストレートコーヒー600円、ブレンドは500円。写真は、「本日のコーヒー」(550円)とバニラのシフォンケーキ(380円)、アボカドサーモンサンドプレート(750円)。
カフェから歩いて10分のところにある焙煎所「Obscura Laboratory」。5kgの焙煎機で豆をロースト。豆の販売のほかラテやカプチーノ(Mサイズ350円、Lサイズ400円)をテイクアウトすることもできる。

コーヒー消費量が日本一の京都にある「WEEKENDERS COFFEE」

 「京都で住んでみたい街No.1」とされる文化的な薫り漂う街・左京区にある「WEEKENDERS COFFEE」。京都のコーヒー好きが集う人気店だ。テーブル席(18席)もあるが、エスプレッソやドリップの抽出をする姿を間近に見られるカウンター席(3席)が人気。酸味や深い甘みを持ったこの店のコーヒーによく合う、焼き菓子やケーキなどの手作りのスイーツも6種類用意している。ガトーショコラはコーヒーとセットで800円、ティラミスのセットは900円。広々として落ち着く空間で、リッチなコーヒーとスイーツを楽しみたい。

■WEEKENDERS COFFEE
住所:京都府京都市左京区田中里ノ内町82 藤川ビル2F
TEL:075-724-8182
営業:10:00~19:00
定休日:水曜日(祝日の場合は、翌木曜休)

湘南コーヒーベルト地帯の「i don’t know coffee roaster」

 湘南には街に必ずひとつずつは自家焙煎にこだわるコーヒースタンドがある。茅ヶ崎の「i don’t know coffee roaster」もそのひとつ。若きロースター、吉田博幸さんが「酸味と苦みの間にある、一瞬の甘さ」を捉えたエスプレッソ(300円)が人気だ。コーヒーはテイクアウトのみ。豆は一律100g 600円で販売している。自宅で美味しく淹れるための「ドリップ講座」(予約制)もある。

■i don’t know coffee roaster
住所:神奈川県茅ケ崎市東海岸南5-1-5-D
TEL:0467-26-0487
営業:11:00~18:00
定休日:火曜日

 次ページでは、東京のコーヒー文化の発信地「OMOTESANDO KOFFEE」をご紹介!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ