• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

幸せの源、あなたの「自尊心」チェック!

2013年1月31日

不幸の裏にある「自尊心の低さ」~「私なんて」と思っていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさん、はじめまして。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。私はこれまで、たくさんの女性たちの悩み相談(特に結婚・恋愛)にのってきました。その中で感じたのが、とっても素敵なものをたくさん持っているのに、「私なんて…」と思っていらっしゃる方が少なくないことです。言い換えると「自尊心が低い」ということ。そんな女性たちに、「自分を大切にして、その人が手に入れることができるはずの幸せを得るためのヒント」をお伝えしたいと思い、この連載を始めることにしました。

 なんだか生きづらさを感じる…
 どんなに頑張っても願いが叶わない…
 こんなに努力しているのに、いつまで経っても結婚できない…

 こんな悩みを、今、多くの人が抱えています。そして、こうした悩みを抱える方々は、外側にあるたくさんの情報を学び、「私が不幸なのは◎◎してなかったことが原因かも知れない」と思いたち、たくさんの努力をしている方が多いのです。しかし現実には、まったく解決できないという不幸を生んでいます。

 実は、こうしたすべての不幸な出来事の原因は、すべて心の中に存在しています。自分のことを大切に思ったり、愛したり、自分に価値を感じたりする気持ちが、「自尊心」です。努力しているのに幸せになれないという方に多いのは、この「自尊心」との向き合い方に何かしらの問題があるケースです。

 自尊心が低い、つまり、自分自身には価値がないと思い込んでいたり、私なんてダメな人間なんだというような低いセルフイメージを持ってしまっていると、その低いセルフイメージにあった不適切な行動をしてしまうんですね。

不幸の裏にあるもの

 すべての不幸の裏には、必ずこの自尊心の低さが存在しており、そして、自分自身がたくさんの思い込みや制限をかけていることによって、自分が幸せにならない行動をわざわざ無意識にしてしまっているために、現実での不幸が引き起こされているということです。

 例えば、もしもあなた自身が、「私なんて価値がない人間だから…」と考えながら、今生きている自分自身を粗末にしてしまえば、周囲の人からも軽く扱われたり無視されるということが起こります。

 また、あなた自身が、自分で言いたいことも我慢して人の顔色を伺っていれば、支配的な人に威圧的に接せられるという現実が起きるんですね。

 このように、人と人との関係は、互いに関わり合って成立するため、自分自身が問題となる行動を起こしていれば、それに比例するかのように、人間関係の亀裂・支配などの不幸が起きてしまいます。

 それではここで、あなたが無意識にどれだけ不幸の元となる行動をしてしまっているのか、チェックをしていきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
斎藤芳乃
斎藤芳乃(さいとう・よしの)
マリアージュカウンセラー。女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、女性の不幸の根本的な原因を解放し、潜在意識を使って現実を変化させる心の専門家として活躍中。これまでに延べ2000人以上の女性の恋愛・結婚にまつわる悩みを解決した実績を持つ。公式サイト⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    日経ウーマン10月号は「毎朝、服に迷わない!通勤服&着回し」を大特集。片づけるだけでおしゃれ上手!「働き女子のクローゼット片づけテク」も収録。さらに「必ずトクする!確定拠出年金はじめよう」で老後のお金について特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    今号では、シミ、ほうれい線、敏感肌も解決する「老けない人に学ぶ朝&夜の美肌習慣」を大特集。お金も時間もかけずに、すぐに真似できる習慣を集めました。さらに、ストレスが消えると評判の「マンダラ塗り絵」もご紹介します。

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「幼児から10代まで 男の子・女の子の性教育」「最新育児グッズの選び方&ベストバイ」「ワーママのヘアスタイル&美髪ケア」「今、保育があぶない」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。「ロックママ大森靖子さん新連載」「子連れで利用しやすい駅、ユーザー視点で評価」「住宅ローンを滞納したらどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版