• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マヤ暦で見るあなたの「脱皮年齢」

2013年1月17日

2013年あなたは脱皮して生まれ変わる?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2013年干支では「巳年」ですね。マヤ暦の新年は諸説ありますが、2月21日。昨年までの順番でいくと今年は「風」の年になります。マヤ暦では5125年という長い暦が2012年12月21日に終わってしまったので、新しい時代の年を担ぐ守護者はどの神々になるのか、どうやらまだ現代マヤ族の間でも決まっていないようです。マヤの長老たちやグアテマラ評議委員会などが集まって相談し、天の神託を受けて決定するのだそうで、楽しみですね。

 蛇は古くから世界的に信仰の対象となっています。脱皮をするヘビは豊穣と多産と永遠の生命力の象徴であるとか、また光とつながりをもつ太陽信仰や天候を司る神としても崇められています。

 マヤ芸術においてもガラガラ蛇は大きく影響しています。蛇が脱皮したあとのガラガラは、人の心臓のような形をしていることから、マヤの人々はこのガラガラを見つけたら「幸運のお守り」としてとっておくといいます。

 マヤ・アステカでは「ケチョリ(貴重な羽根)」をもつ「ミシュコアトル、エエカトル(風の神)」と呼ばれ、のちに「ケツァルコアトル(ククルカン)」という「羽根毛をもつ蛇」という風の神様となりました。 チチェン・イッツァにある世界遺産ククルカンピラミッドは、春分の日に太陽の光となってケツァルコアトルが天から降臨するとして有名です。新しい時代の夜明けとなる2013年が「巳年」であり、従来どおりなら「ククルカン」の年であることは単なる偶然なのでしょうか。

 新年初のコラムでは、巳年と関係もあることからマヤ暦でみる神秘的な時の事象「マヤの脱皮サイクル」についてご紹介しましょう。

 人がこの世に誕生した日、マヤの暦では1つのナーカル・サインが与えられます(マヤ占いのあなたのサインです)。そしてもう1つ、私たち人間の心が成長するのを助けるよう「ナイトロード」という守護者が、無意識という心の領域に宿ります。

 そしてこのナーカル・サインとナイトロードは、およそ6年半ごとに出会い、意識と無意識を調整させてその人が大きく成長できるよう手助けをしてくれます。蛇が死と再生を象徴しながら脱皮をして生まれ変わるように、人間もまた新しい自分へと生まれ変わって成長していくことが大切なのだという教えでもあります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
弓玉
弓玉(みろく)
日本におけるマヤ占い研究の第一人者。マヤの占術や霊視、波動リーディングのほか、ジーニーの壷占いなど古代から受け継がれる理論を駆使し、恋愛運、金運、仕事運をはじめとする人生全般の悩みに対する答えを導く。有名人、実業家、経営者、作家やデザイナーなど、各界からの人気が高く、信頼も篤い。⇒詳しいプロフィール
関連キーワードから記事を探す
エンタメ人間関係の悩み

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    日経ウーマン7月号は「STOP!老後破産 お金が増える人生!入門」を大特集。20代、30代、40代で一生安心な「お金が増える人生のつくり方」を指南します。さらに「女性医師300人が実践!ムダなお金をかけない『美肌』習慣」を特集します。別冊付録「仕事が3倍速くなる エクセルのワザ事典」付き!

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    今年も最も自分の「足」が気になる季節“夏”がやってきました。足は歩く時の大切な土台。足を整えれば、体のゆがみを解消できます。さらに!足裏をもむだけ、足指を鍛えるだけで、ダイエットや小顔に効果があるなど美容にも役立ちます。

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「今どきの海外留学事情」「低金利時代の共働き住宅ローン」「食べていける資格、取っておきたい資格」「パパと子どもの外遊び、おうち遊び」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。ギンカ・トーゲル特別講義「女性と男性ではどうして昇進スピードが違うのか」、WOMAN EXPO 前野彩セミナー特別誌上公開!「今どきの習い事と、教育費の賢い貯めかた」の2大付録も。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版