そろそろ秋の気配を感じ始める季節。毎日の食卓も秋色にしていきたいですね。

秋の食材の王様といえばきのこ。しかも、お通じを改善するとなれば積極的に摂りたい食材です。

簡単にできるきのこレシピで、食卓から秋を感じてみてはいかが。

きのこカレー

[画像のタップで拡大表示]

材料(4人前)

えのき・・・・1束
舞茸・・・・・1パック
しめじ・・・・2房
しいたけ・・・6枚
マッシュルーム・・・・1パック
玉ねぎ・・・・1個
牛切り落とし・・・・・200g
ブラックペッパー・・・少々
にんにく(みじん切りしたもの)・・・大さじ1
料理酒・・・・・大さじ3
お好きなカレールー中辛
(できれば違う会社のもの半量ずつ2種類合わせるとよい)・・・220g
水・・・・・・1400cc
バター・・・・20g
はちみつ・・・大さじ1
だし醤油・・・大さじ1
サラダ油・・・大さじ2

作り方
[画像のタップで拡大表示]
1. しいたけ、しめじ、えのきは石づきを取り、しめじは2本ぐらいに分け、舞茸は手でさき、マッシュルームと一緒にざるに入れて天日に干す。(出来れば朝から夕方までが理想だが、2時間ぐらいでもギュッと味が濃厚になる)
[画像のタップで拡大表示]
2. 玉ねぎを1cmのくし切り、牛肉は大きめの一口大切りにし、みじん切りにしたにんにくと料理酒を揉み込んでから10分休ませる。
[画像のタップで拡大表示]
3. 天日干ししたえのきを半分に、しいたけは十文字切りに、マッシュルームは半分に切る。
[画像のタップで拡大表示]
4. 鍋にサラダ油を入れて牛肉を炒め、赤い部分が消えたら玉ねぎを加える。ざっと混ぜ合わせたらきのこを入れて全体的になじんだら水を加えて煮る。沸騰したらさらに中火で20分ほど煮込み、その間にこまめにアクを取る。
[画像のタップで拡大表示]
5. 一度火を止め、カレーのルー、はちみつ、だし醤油を入れ沈めて5分放置し、その後ゆっくりとまぜ溶かす。
再び火をつけて沸騰したら火を止め、最後にバターとブラックペッパーを入れてひとまぜし、バターがとけたら出来上がり。
ワンポイントアドバイス

きのこを天日干しする時間がなければそのまま調理してかまいませんが、その場合でも必ず水から煮て下さい。きのこは水から煮ると美味しいだしが出ます。
仕上げにバターを入れることで香りが広がり、コクが出て美味しさ倍増です。


レシピ作成/槙かおる

そのほかのレシピはこちらから
手抜き料理研究家の晩酌メニューとひとりごと日記

槙かおるさんの人気レシピ

栗の渋皮煮
鯖の竜田揚げ彩り野菜を添えて
鱧しゃぶ