• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“お地蔵さん”と “道祖神”の謎

2012年8月30日

山形県・出羽三山と山寺で出会ったお地蔵さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今年の夏も暑い日が続きましたね。お散歩をするには厳しい時期でしたが、ここ最近は朝夕、少し過ごしやすくなってきたのではないでしょうか。

 私は8月の夏真っ盛りの時期に、暑さに負けず(?)、“仏友”と山形県の出羽三山と山寺(宝珠山・立石寺)に行って参りました。今回は、そこで出会ったお地蔵さんをご紹介したいと思います。

 ではまず、出羽三山の説明から。出羽三山とは、羽黒山、月山、湯殿山の総称で、今でも山伏たちによって厳しい修行が行われている聖地です。飛鳥時代、蘇我馬子に暗殺された崇峻(すしゅん)天皇の子である、蜂子皇子(はちこのみこ)が開山しました。今から1400年以上前のことです。

 今回の旅の一番の目的は、羽黒山の国宝・五重塔を観ることでした。“仏友”のRさんが五重塔マニアで、彼女から「山の中にどうしても観ておきたい五重塔があるのよ……」とキラキラした目で誘われたのです。それで、山ガールでもある山好きの血も騒ぎだしたのでした。

 今回はツアーバスで行ったので、山道を沢山歩くことはなかったのですが、山々の自然に包まれると、雄大な神や仏に守られているような、とてもありがたい気持ちになりました。

 しかし、出羽三山は修験道の道場だけあって霊気が漂い、ただならぬ気配が……。山ガールッ♪なんて言って、軽い気持ちで足を踏み入れられないような感じです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
吉田明乎
吉田明乎(よしだ・あきこ)
1973年生まれ。日経ウーマンなどの女性誌を中心に執筆するフリーライター。神社仏閣巡りが趣味。『こころ安らぐ「仏教女子」入門』(洋泉社)に共著者として参加。執筆のために高野山に取材に行き、すっかり空海ファンになった。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ