• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

デスク周りと座り姿勢の写真で座り方診断!

2012年7月12日

悪い座り姿勢を写真で診断!デスクワーク中の正しい座り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 自分でなんとなく「いつも悪い姿勢で作業している」とわかってはいても、客観的に自分の姿勢を見ることってないですよね。今回は、デスクワークが多い仕事をしている働き女子2人にモニターとして座り姿勢の写真を撮ってもらいました。その写真を元に、座り姿勢を診断してみます。

 座り姿勢は、デスクの上の作業スペースやデスクトップの位置、椅子の高さなども影響します。まずは、下に紹介するモニターの例を見ながら、自分にあてはまる部分がないか確認してみましょう。

スフィンクス座りなどの座り方タイプはこちらの記事を参照ください。
「オフィスで座り方診断!あなたはどのタイプ?」

Y・Nさん(28歳)

仕事:デザイン制作管理
いつもの姿勢:足を組む姿勢がほとんど。目が悪くて字が読めないわけではないのに、集中すると、ついついモニターに顔を近づけてしまう。
姿勢のタイプ:スフィンクス姿勢×足を組む、頬杖をつく
体の悩み:肩が凝りやすい、吐き気を伴うこともある、ドライアイ
パソコン作業時間:1日約7時間
木津さんチェック!

 写真を見る限り、それほど姿勢が悪く無いようなイメージがありましたが、パソコン作業中はほとんど足を組んでいるとのことなので、足の付け根と机に置くひじに体重を載せて作業しているのではないでしょうか。
 座り姿勢のタイプはスフィンクス座り。おそらく、作業中の肩は前に入り、上に上がっていると思います。その上、モニターに顔を近づかせてしまうとなると、首のカーブがなくなる「ストレートネック」(「働き女子に急増!「ストレートネック」って?」)になっている可能性が高いです。「吐き気を伴う肩凝り」は、ストレートネックのサインでもあるのです。
こうして改善!
(1)椅子を高くして、モニターを見下ろすように

 今のパソコンの位置は少し高いようです。椅子を高くして、肩が上がらずひじを机に置ける位置関係にできるとベストです。

 また、今の状態では、画面の上を見ようとすると少し上目使いになって目が乾きやすく、ドライアイを悪化させる可能性があります。モニターへの目線は、まっすぐか5度下に見下ろすくらいがちょうど良いです。

(2)骨盤のゆがみがあれば、骨盤ウォーキング!

 足を組む姿勢をとるのは、骨盤が歪んでいるためか、足のむくみが気になるためのどちらかです。足のむくみが原因の場合は、足のむくみリセット法と正しい座り方(「デスクワークで辛いむくみ解消法!」)を参考にしてください。

 骨盤の歪みが原因の場合は、スカートがいつのまにか回ったり、どちらかの下着の紐が落ちたりしているはず。寝姿勢も横向きやうつ伏せで出る時間が長いかもしれません。骨盤の歪みは普段のウォーキングで整えることができます。「骨盤ウォーキング」(「見た目が一瞬で変わる!骨盤ウォーキング」)を一日に20~30分取り入れられるといいですね。ただ、吐き気を伴う肩凝りは要注意です。ひどくならないうちに早期の検査や治療をおススメします。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
木津直昭
木津直昭(きづただあき)
KIZUカイロプラクティックグループ代表院長
オーストラリア公立マードック大学卒(カイロプラクティック健康科学士、グラストンテクニック認定プロバイダー)1992年に東京日本橋で開業。マウスの使用が身体を歪ませるという「マウス症候群」を提唱。三越前と二子玉川に分院を構える。テレビ、雑誌、新聞など各メディアで活躍。KIZUカイロプラクティック
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ