• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

目力を最強にする目周りストレッチ

2012年6月29日

目の疲れもスッキリ!目周りの老化を早めないためのストレッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 30代に入った頃から、目元の老化が始まってくる人がいます。目元の皮膚は、顔の皮膚の中で最も薄くて弱いといわれているのはご存知かと思いますが、目周りは、顔の中で最も筋力が弱い部分でもあるのです。

 筋力が弱いために、血流が悪くなりやすく、疲れを感じやすかったり、年齢を重ねると、まぶたが下がってきたり、目尻が下がってきたり…と加速的に老化が進んでいきます。

 日本人は元々、まぶたの皮膚が厚く、脂肪が多いので、目全体が厚ぼったく小さく見えがちです。さらに、目元の筋肉を普段動かす習慣が無いので、ますます筋力が低下していく。放っておくと、顔の中で最も早く老化が進行してしまうのです。

 目周りの老化を早めないためにも、若いうちから筋力をつけておくことが大事です。

 目元は、フェイスライン(あご)とほうれい線と同じくらい、顔年齢を示すのに大切な場所です。まぶたが下がって、目がぱっちりしていない…それだけで“老け顔”になってしまいます。

 目周りの筋トレ以外で、働く女性が気をつけなければいけないのは「睡眠不足」と「PCによる目の酷使」といった生活習慣。今回ご紹介するメソッドは、短期間でも目元の筋力をUPしてくれます。目元の老化を防ぐと同時に、目を大きく動かすので、普段溜まっている目の疲れも、スッキリ解消しますよ。

目力を高める、目の周りのストレッチ

(1)目玉グーパー

●目まわりの血行を良くし、目元にはりを与えます
●目尻の小じわ、乾燥、くすみを改善します

回 数:1日2回(朝・晩)8秒×5セット
鍛える筋肉:眼輪筋(がんりんきん)
難易度:

ワンポイントレッスン
目に力を入れる時は、眉間にしわを寄せないように気をつけましょう
スマイルワーク
(1) 目を閉じます
(2) 目に力を入れてぎゅっと閉じてとめます(8秒間)
(3) 目の力をゆるめます
(4) 目を開け、眉を上げ、目をぱっと大きく見開きとまめす(8秒間)
(5) ゆっくり元に戻します

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
鳴海えな
鳴海えな(なるみ・えな)
1973年1月生まれ。共立女子短期大学卒業後、エステ専門学校・滝川エステティック学院に就職。25歳でCIDESCO免許を取得後、フリーのエステティシャンとして活動。現在は、フェイスワークスタジオ「ミッショナリー」で、“シワ・たるみの予防解消”を中心としたサービス・商品開発を行い、述べ16万人の女性に表情筋トレーニングを提供している。テレビや雑誌など各メディアで活躍中。
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気ダイエットスキンケア

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    日経ウーマン7月号は「STOP!老後破産 お金が増える人生!入門」を大特集。20代、30代、40代で一生安心な「お金が増える人生のつくり方」を指南します。さらに「女性医師300人が実践!ムダなお金をかけない『美肌』習慣」を特集します。別冊付録「仕事が3倍速くなる エクセルのワザ事典」付き!

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    今年も最も自分の「足」が気になる季節“夏”がやってきました。足は歩く時の大切な土台。足を整えれば、体のゆがみを解消できます。さらに!足裏をもむだけ、足指を鍛えるだけで、ダイエットや小顔に効果があるなど美容にも役立ちます。

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「今どきの海外留学事情」「低金利時代の共働き住宅ローン」「食べていける資格、取っておきたい資格」「パパと子どもの外遊び、おうち遊び」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。ギンカ・トーゲル特別講義「女性と男性ではどうして昇進スピードが違うのか」、WOMAN EXPO 前野彩セミナー特別誌上公開!「今どきの習い事と、教育費の賢い貯めかた」の2大付録も。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版