• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

季節の変わり目の肌荒れはアロマで整える

2012年5月17日

季節の肌荒れにはアロマで内からすっきり!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ぽかぽか陽気になってきたと思うと、突然の豪雨に見舞われたり…と、最近の天気はコロコロと変わりやすいですね。自然の変化や環境の変化は、実は、体にとっても大きな負担がかかります。自分が感じている以上に、日頃から体は変化に対応しようと頑張っています。体がついていけなくなると、急に雨に降られた日にはなんだか心が落ち込みやすく、体の調子も悪く感じる方が多いのではないでしょうか。ついには、髪の毛のまとまりも悪いだけでなく、なぜだかメイクのノリも悪いような…そんな悪循環が起きたりしませんか。

 こんな時期のスキンケアはズバリ、心にも体にも効くアロマスキンケア!これまでいくつか紹介してきましたが、改めて、手軽に試せるアロマとツボ押しを使ったケアを紹介します。

アロマの効果的な使い方

(1)空気中に拡散させる方法

 アロマディフューザ―で空気中に拡散させるだけでも、効果が期待できます。空気中の芳香分子は呼吸により、肺胞の毛細血管から吸収され、血流に乗って全身に働きかけてくれるのです。

ディフューザーがない場合は…

 マグカップにお湯を注ぎ、そこに4~5滴エッセンシャルオイルをたらしましょう。揮発して空気中に漂っている香りを体いっぱいに吸い込みましょう。

(2)化粧水やクリームに混ぜる方法

 エッセンシャルオイルは基本的に、キャリアオイルなどで希釈して使用するものですが、普段お使いの化粧水やクリームの中にあらかじめ垂らしておいて、使うのも効果的です。

 100mlの化粧水にアロマオイル合計5~10滴程度垂らし、毎回よく振ってから手に取って、顔に塗布する。クリームなどに混ぜる場合はへらなどでよく混ぜる。敏感肌の場合は1滴だけでも十分。毎日のケアが重要です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
有藤 文香
有藤 文香(ありとう あやか)
薬剤師・国際中医師・中医アロマセラピスト
株式会社Xiang代表。星薬科大学卒業後、世界トップレベルの製薬会社に就職しMRとなる。予防医学の重要性を再確認し、英国サリー州に留学、アロマ代替医療を学ぶ。帰国後、漢方医学と西洋の代替医療であるアロマセラピーを合わせた「中医学で見立てて、アロマでトリートメントする」という「中医アロマセラピー」という新境地を開く。中医アロマブランドXiang(シャン)を立ち上げ、中医アロマ・漢方・スクールの総合サロンを渋谷区代々木上原にオープン。著書に「はじめての中医アロマセラピー」「中医アロマセラピー家庭の医学書」 HPブログ
関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエット健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ