• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子に急増!「ストレートネック」って?

2012年5月10日

パソコン、スマホで働き女子に急増している「ストレートネック」に注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 前回の記事で紹介した「スマホ症候群」は、多くの方から反響を頂きました。
「最近、スマホを使っていると肩が凝ってしょうがない」
「行き帰りの車内でスマホを見ることが多くなり、ドライアイになっている」
「スマホの使用時間が長くなってきて、肩が上がっている気がする」
「夜寝る前に、スマホを寝ながら使っていたら寝起きがよくない」など…。

 前回の記事(「あなたは「スマホ症候群」になっていませんか?」)では、「スマホ症候群」の人は「ストレートネック」を引き起こしやすいとお伝えしました。ストレートネックは、肩こりや首痛、頭痛、腕のしびれ、肩が上がらないなどの症状に悩まされます。これらの症状で来院される方が近年、急増しています。

正しい座り方は、正常のカーブに
猫背はストレートネックを悪化させる

*また、正しい座り方については、前回の記事「あなたの“正しい姿勢”は正しくない!?」を参考にしてください。

 今回のコラムでは改めて、ストレートネックになっているかどうか診断してみましょう。ストレートネックは予防できるものです。悪くならないうちの予防がとても大切です。

ストレートネック診断

 あてはまるものをチェックしてください。

□ 1日5時間以上デスクワークをする

□ ノートパソコンを良く使う

□ スマートフォンで一日1時間以上画面を見ている

□ まくらがない方が寝やすい

□ 左右、顔を向ける範囲が狭い

□ 首を後ろに倒すと痛みや違和感がある

□ 座っているとよく肩や首がこる

□ 疲れると頭を締めつけられるような頭痛がする

□ 猫背だ

□ 一日30分以上歩いていない

チェック結果

0-1個: 良い姿勢が維持出来ていると思われます。時々体操しながら仕事しましょう!

2-5個: 1時間に1回はリセットエクササイズをするといいでしょう。痛みや凝りがある場合は無理して体操はしないでください。

6個以上: ストレートネックになっている可能性が高いので、早めに信頼できる医療機関やカイロプラクターにご相談を。

 以下のストレートネック・リセットエクササイズを参考にしてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
木津直昭
木津直昭(きづただあき)
KIZUカイロプラクティックグループ代表院長
オーストラリア公立マードック大学卒(カイロプラクティック健康科学士、グラストンテクニック認定プロバイダー)1992年に東京日本橋で開業。マウスの使用が身体を歪ませるという「マウス症候群」を提唱。三越前と二子玉川に分院を構える。テレビ、雑誌、新聞など各メディアで活躍。KIZUカイロプラクティック
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ