• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

乾燥シーズン!スキンケア見直しのポイント

2011年11月10日

肌リセットに、ピーリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 11月になり、お肌の乾燥が気になる季節になってきましたね。

 肌が乾燥すると、次のような不調の原因になります。

・化粧ノリが悪くなる
・化粧くずれしやすくなる
・小ジワが目立つ
・小ジワ→大ジワへとシワが深くなる
・洗顔後に肌がつっぱる
・くすみが気になる
・バイヤゾーンダメージを受け、敏感肌になりやすくなる
・肌がざらつき、キメが粗くなる

 この季節、スキンケアを見直しましょう!

 美肌のポイントはうるおいです。乾燥肌の人は皮脂を作り出す力が少ないため、オイルタイプでウォータープルーフなどのメイクを手軽に落とせる洗浄力の高いクレンジングを使うと、必要以上に皮脂を取り過ぎ、乾燥を招く原因になります。一方で、クリームタイプなどで肌に油分が残り過ぎるものだと基礎化粧品の浸透を妨げる原因にもなるので、私はクレンジング剤では、ミルクまたはジェルタイプをおすすめしています。

◆クレンジングのポイント

☆ クレンジング剤の使用量が少な過ぎるのはよくありません。一度の使用量をケチると肌を摩擦し、シワ、シミの原因になります。

☆ ゴシゴシこすり過ぎていませんか? 肌を傷つけ、肌あれの原因になります。

☆ 時間のかけ過ぎもよくありません。肌の油分まで取り過ぎて、さらに乾燥しやすくなります。

☆ お湯の温度にも注意を。理想は32~34℃と言われています。35度以上だと毛穴が開き過ぎて、必要な皮脂までとれてしまい、乾燥を招きます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
村木宏衣
村木 宏衣(むらき ひろい)
スタイルM 代表/アンチエイジングデザイナー
エステ、整体、松倉クリニックでの経験を経て、多角的な独自の美容メソッドを確立。各界の著名人からの指名も多く、予約は2カ月待ちの状態。旺盛な知識欲が、他の一歩先を行く独自なメニューを生み、常に美容業界に話題を提供し続けている。近著に『顔筋整骨セルフビューティ』(主婦と生活社)、『1日1分からできる美脚リセット』(成美堂出版) *スタイルMのサイトは⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ