• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

復興を支える女たち

ペットも“被災者”。飼い主に戻したい

2011年10月24日

仕事の技術を生かして長期支援を目指す「ペットファインダー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 被災地で、盲点になりがちなペットの救済。1組でも多くの飼い主と迷子のペットが再会できるようにと、「ペットファインダー」というプロジェクトを立ち上げた女性がいる。Webプロデューサー、阿部麻紀子さんの活動を紹介する。

飼い主の悲痛な叫びに「なんとか見つけてあげたい」

阿部麻紀子さん
大学卒業後、総合商社に入社。ワイン輸入部門で営業・バイヤーを経験。自社輸入ワインをHPで紹介する業務の際に、Webの制作サイドに興味を持つようになる。仕事をしながら夜間にWebの専門学校へ通い、Webディレクターとしてシステム会社に転職。その後、新規事業部の立ち上げに伴いWebプロデューサーへ。現在はフリーランスでWebプロデューサーの仕事をこなす傍ら、レストランでワインの仕入れコンサルティングなども行う。ワインアドバイザー、利き酒師の資格を持つ。

 フリーランスのWebプロデューサー、阿部麻紀子さんは震災直後、インターネット上、特にツイッターで、ペットを捜す被災者の悲痛な声や飼い主とはぐれてしまったペットを保護している、という情報を目にするようになった。しかし、ツイッター内で届く声の範囲は限られている。ここで飼い主と迷子のペットが再会できるのは、至難の業だろう……と見ていた。

 そう思っているうちに、被災動物のレスキュー活動を展開している動物愛護団体が独自に情報公開サイトを立ち上げた。続いて大手IT企業によって、それらの情報の集約サイトが立ち上げられたが、これらの被災動物関連のサイトを見て、使い勝手や検索性の部分で「自分ならこうするだろう」と考えたという。

 そこで阿部さんは、自分たちWebのプロができることとして、被災者の人たちがより使いやすく、情報が整理されていてマッチング効果の望めるペット捜しのサイトを作ろうと立案。普段Webになじみのない人たちのために自ら出向いて検索代行作業を行うことも視野に入れた「ペットファインダー」というプロジェクトを立ち上げた。震災から間もない今年4月のことだった。実は阿部さん自身も愛犬を飼う身であり、まったく他人事ではなかった。

 阿部さんが日々のWeb業務の中で、クライアントから“解決してほしい”と相談を受ける一番の悩みどころは、「Webに情報公開してもビジネスの効果が出ない」ということ。今、一般ユーザの間に急速に広まっているツイッターなどのコミュニケーションツールは、迅速な情報収集や告知などの点では非常に便利であるものの、拡散した情報をまとめて必要なユーザー同士をつなぐ機能がなければ、本当に欲しい情報を入手するのはなかなか困難だと考える。

 「ペット探しの情報集約サイトは、さすがに掲載情報数が多いんです。でも、パソコンのみの対応で携帯からは見られない。スマホで閲覧するには重すぎる。そして『保護している』という情報も『捜している』という情報も1カ所に混在していたり、キーワードに統一性がないために検索で探し当てられる確率が不安定だったり……。ユーザーの立場を考えると、使い勝手の面で気になるところがいくつかありました。そもそも現地でパソコンをすぐに見られる人はどれだけいるのだろう? 実際は携帯を所持して避難できた人が多いのに……と」

石巻地区・動物救護センター(9/30に閉所)

 阿部さんは日ごろ制作を共にしている仕事仲間たちに声をかけ、このボランティアプロジェクトを開始した。ゴールデンウィークには宮城県石巻市へ赴き、テントを張りながら動物ボランティアに従事。並行して被災地の状況をリサーチした。このときの経験が大いに役立っているそうだ。

 通常業務が非常に多忙なメンバーが仕事時間外、帰宅後の深夜や土日でこなすサイトの制作作業は時間を要してしまう一面もあったが、このプロジェクトを知った仕事先の企業も全面的にバックアップをしてくれるなど、周囲の助けを得ながら、6月にはなんとかサイトの完成にこぎつけた。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

関連キーワードから記事を探す
就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ