• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

食のトレンド発掘隊

ポスト・執事カフェ!? 人気の韓流レストランに潜入

2011年10月18日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今やすっかり韓流(はんりゅう)が定着した。CMやドラマにも韓国出身のイケメンが連日登場して、ついつい目が留まる。飲食店においても、“韓流”をコンセプトに掲げるお店が増えてきており、女子の人気を得ているらしい。今回は韓国イケメンのいるレストランやカフェ、バーに潜入取材! はたして韓流レストランで恋におちてしまうのか?

 まずは、東京・銀座に2011年9月にオープンしたばかりの「GINZA K-PLACE(ギンザ ケイ プレイス)」。おいしい食事を味わいながら、韓流アーティストのライブを楽しむことができるという“韓流ライブレストラン”だ。会場は総席数150席で、ライブ会場としてはかなり小ぶり。そのため、手の届きそうな距離でアーティストを眺めることができるのである。わぁ~!ち、近いよー!

韓流アーティストの生ライブを楽しめるレストラン「GINZA K-PLACE」。こじんまりとしていて、ファンの集いといった雰囲気も。30代~50代の女性が多く、一部のお客同士は顔見知りのようだ。

 アーティストはシンガーソングライターやピアノの弾き語りなど実力派が勢揃い。見た目がハンサムなだけではないのがいい。しかも韓流イケメン特有の上品・誠実で、ちょっとオチャメな会話も楽しめ、じっくり大人の女性に“聴かせて”くれるのだ。ライブは週末のみ行なわれており、ランチビュッフェ、ディナーショーなど、毎回、趣向を凝らしている。平日は韓国TVを見ながら食事のできるダイニングレストランとして営業している。

“Pianoman LEN(ピアノマン レン)”のライブでは、J-POPやジャズ、韓国の有名曲など、いろいろな歌をピアノで弾き語り。透明感のある歌声にファンでなくともピュアな気分に。

 取材時はランチビュッフェと“Pianoman LEN(ピアノマン レン)”の生ライブのセットを体験。料金は8000円。ちなみに彼は2010年末に韓国で大ヒットしたドラマ「シークレット・ガーデン」で、天才ミュージシャン役の歌とピアノの吹き替えを担当したことで一躍注目された人物。残念ながら私は存じ上げなかったのだが、すでに日本でもファンが増え始めているらしい。

 まずライブの前のお楽しみとして、ビュッフェスタイルの食事をゆっくりと楽しむ。韓国料理をベースにした創作料理がずらりと20種類以上も! 「牛肉と彩り野菜のチャプチェサラダ」や「シーフードとごろごろ野菜のコチュジャンソース」といった前菜メニューから、「お好きなナムルをのせて♪MYビビンバ丼」など、自分で作るセルフクッキング系のメニューもあって満足!満足! しかもアーティストが好きな料理が毎回用意されるのも面白い。

韓国料理も取り入れたブッフェが20種類以上!日本人向けにアレンジしてあるので、ほどよい辛さで食べやすい。ドリンク類も飲み放題。
「Lenの大好きなジャージャーパスタ」。大好きなアーティストがどんなお料理を好むのか。ファンとしてはたまらない一品。

 満腹になったところで、いよいよライブがスタート! とにかく会場がコンパクトなので、熱唱するアーティストの息づかいまでもがダイレクトに感じられる。すごい!ドキドキしてしまう!細身でかわいらしい雰囲気のPianoman LENだが、“秋桜”をテーマに、しっとりとしたバラード系の歌を中心に歌い上げると、その歌唱力とピアノ演奏の腕は抜群で、男らしくもあり、思わずうっとりしてしまうのだ。

 そして、曲の間のトークが長めで、その受け答えがまたかわいい! 結婚について司会者に聞かれると、頬を赤らめながら、「僕を見つめる瞳があまりに熱い――。そんな視線を持った人と結婚したい……」と答えてファンを沸かせ、そのまま韓国の結婚式でよく歌われるという祝賀の歌へつなげていた。とにかくサービス精神が旺盛。たどたどしい日本語も、これまた女性の母性本能をくすぐってしまう。

 じっくり2時間のライブが終わる頃には、すっかり会場が一体となって、Pianoman LENファンに。最後にはPianoman LENとの握手会と撮影会まであり、料理も含めると、8000円は妥当かな、という気持ちに変わっていた。お客がみんな目をキラキラさせて、年齢に関係なく“恋する乙女”に変身していたのが印象的だった。(おそらく氷川きよしファンはこちらに流れているかと……)

 次は、韓流の聖地・新大久保へ潜入! 目の前のあなたのために歌をプレゼントします!?

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    日経ウーマン12月号は「お金が貯まる人の衣・食・住 ぜ~んぶ、見せます!」を大特集。年100万円以上貯蓄している女性たちが、おしゃれで楽しい「貯めワザ」を大公開。さらに「女の5大不安もう怖くない!人生後半に失うお金&もらえるお金」でお金のリスクへの備え方を特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 1月号

    今号の特集は「スーパードクターの健康法」。糖尿病、整形外科、歯科、皮膚科…各分野の名医15人が実践している食事・体・美肌習慣を大特集。元宝塚スターCHIHARU式メイク術の新連載もスタートします!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「幼児から10代まで 男の子・女の子の性教育」「最新育児グッズの選び方&ベストバイ」「ワーママのヘアスタイル&美髪ケア」「今、保育があぶない」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。「ロックママ大森靖子さん新連載」「子連れで利用しやすい駅、ユーザー視点で評価」「住宅ローンを滞納したらどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版