• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美人度UPのモデルウォーク(基本のキ)

2011年10月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは!鳳恵弥です。今週のプチトレは、ウォーキング。よく、モデルというと、真っ先にイメージをされるのがこのウォーキングだと思います。ここでは、より美しく魅せることを目的としたモデル歩きの中で、日常生活にも活かせるポイントを押さえてお伝えしていきます。

 その名も「モデル歩きの基本のき」。

 あなたは、普段の自分の歩く姿を意識したことはありますか。気がつかない間に猫背になっていたり、左右傾いていたり…。ショーウィンドウに映った自分にドキッとしたことはないでしょうか。実は、姿勢良く歩くだけで、スタイルはよく見えるもの。さらに、この姿勢を気にして歩くことで、おなか周りや足が引き締まってダイエット効果も抜群です。

 美人度アップウォーキングの基本は、まずは姿勢。ここで一旦、姿勢の基本のきをおさらいしましょう。→詳しくはこちらも参照!

<正しい姿勢のおさらい 重要なポイント>

(1)あごを引き、首と肩をつなぐ僧帽筋をしっかり支える
(2)首は鎖骨と肩甲骨の中心でしっかり立たせる
(3)鎖骨を真っ直ぐにし、左右の肩甲骨との間を引き寄せ、胸を張る
(4)骨盤は、腹筋と横隔膜で引き上げて、背筋で反対側から支える

正しい姿勢

 みなさんの靴の裏側、左だけすり減っていたり、かかとだけすり減っていたりしませんか? 正しい歩き方ができていないと、足が歪み、左右の足の長さが変わってしまうこともあるのです。

 重いカバンや荷物を持たなければいけない時や片足に重心を偏らせて立ってしまう癖がある方は特に要注意!

 実際、ウォーキング講習を始めて、1~2カ月くらいで3キロ程度痩せたというモデルの事例は少なくありません。歩き方を変えるだけでダイエットにもつながるのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳳恵弥
鳳恵弥(おおとり・えみ)
元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。カートプロモーション所属
関連キーワードから記事を探す
ダイエットカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ