• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

モデルマル秘テク・1分で目を大きく!

2011年9月1日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、鳳恵弥です。今回は、私がモデルとして撮影の時に使っているマル秘テクニックをご紹介します。その名も、写真の写りが3倍増しになる美人テクニック!今日は第一弾として、写真写りを決める目力を3倍増しにする方法をお伝えします。

 いざ、写真を撮るとなると、つい恥ずかしくなったりしてしまいますよね。実はそれが写真美人への道の最大の難敵!私自身、このお仕事をしていると確かに写真に撮られる機会が多いのですが、「たくさん仕事経験があるから、元が違うから映りが良いのよ」なんていわれることが多々あります。そういった言葉を同じ女性から耳にすると非常に残念でなりません。なぜなら、ちょっとしたコツで瞬間的にキレイに写る方法がたくさんあるからです。

 一番大事なのは、表情です。心の動きに従って、様々な表現をするのが表情。嬉しい、悲しい、辛い、寂しい・・など、感情が表れます。表情の変化は、相手に意思も伝えています。

 その表情を変えるだけでも、写りはぐんと良くなるのです。

 つまり、ファインダーを向けられたとき、あなたが表現したい気持ちを思うだけで良いんです。詳しく言うと、嬉しいとびっきりの表情は、好きな物、素敵な思い出、楽しい記憶、大好きな彼がカメラの向こうにいると思って……ファインダーを見てください。優しい表情は、赤ちゃんや大好きな子供が居ると思ってレンズを見ましょう。自然と優しい微笑みになっているはずです。

 「なんだ、そんな事か!」とお思いの方もいらっしゃると思います。でも、意識しないと、案外気がつかないものだったり、忘れてしまっていたりするものです。

 また、もう一つ気になるのは、目の大きさ。「もっと目が大きくなればいいのに」と感じている方も多いと思います。目は表情を印象づける大切な部分です。写真に写るときは、不自然にならない程度に目を見開くとキレイに写ります。ただ、目の周囲の表情筋が凝り固まっていると、上手く筋肉が動かず、やり過ぎた感じに写ったり、半開きになったり……とっても怖くなってしまいます。

 目の周囲は、表情筋で動いています。その筋肉を上手く鍛えるプチトレで、美しい目元を作っちゃいましょう!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳳恵弥
鳳恵弥(おおとり・えみ)
元・準ミスインターナショナル。2002年に準ミスインターナショナルを受賞。モデル、女優として数多くのCMやドラマで活躍。2009年からは、これまでの経験を生かし、ミスインターナショナル、ミスワールドの日本候補者指導をはじめ、子どもからモデルまで、幅広い層のウォーキングやポージング、ダイエット、就活指導などを行う。カートプロモーション所属
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ