夏物が店頭から引っ込み、ショップはすっかり秋模様。クラシックやブリティッシュなどが基調の旋律を奏でるこの秋冬おしゃれの調べは格調高く、その分、オンでも使いやすい。秋冬トレンドを象徴する3つのキーワードと6つのアイテムから、モードの流れを先回りして、着こなしとショッピングに役立てて。

◆トレンド1 ボウタイブラウス
[画像のタップで拡大表示]
Tory Burch 2011-12秋冬NYコレクション
[画像のタップで拡大表示]
Wes Gordon 2011-12秋冬NYコレクション

 首もとに優雅なリボンがあしらわれたボウタイブラウスは第1のキーワード「クラシカル」を象徴するアイテム。目指すコーディネートは正統派(オーセンティック)の上品ルック。スカートにもパンツにも合うから、コーデの自由度は高い。リボンの印象からか、ロマンティック過ぎると思われがちだが、合わせ方次第でオフィスにも十分、着て行ける。

 白ブラウスは清潔感や誠実さ、ピュアネスを印象づける。一方、白以外の色はあでやかさを添えてくれるので、シーンで使い分けたい。ジャケット+膝丈スカートはきちんと感を際立たせる組み合わせ。ボウタイブラウスとは絶好のトリオを組む。マニッシュなワイドパンツと合わせると、逆にブラウスの女らしさが引き立つ。ボウに視線が集まるよう、ジュエルやアクセサリーは控えめに。ジャケットに袖を通さないで、羽織るだけにして、袖をだらんと落とせば、自然と視線が縦方向に流れる。