• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人気資格FPの取り方・生かし方

2011年7月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ファイナンシャル・プランナー(FP)は人気資格の一つです。比較的勉強しやすく、実生活でも役に立つため、私の周りでも取得する人が多いです。FPの最上級資格は、国家資格の1級ファイナンシャル・プランニング技能士と日本FP協会が認定するCFP資格。私、花輪陽子はなんとなく3級から勉強を始め、楽しくて最上級の資格まで進むことができました。よく聞かれる資格を習得するまでに掛かった時間と生かし方についてお伝えしたいと思います。

 私が最上級資格を取るまでに掛かった時間は約1年半です。FP資格は3級、2級など徐々にレベルアップしていけるために続けやすいです。また6科目の試験があるCFP試験も1科目ずつ合格をしていくことができます。1発勝負の資格試験と比べると受験者にとってはありがたい制度。

 そのため、しっかり勉強時間を確保できる人にとっては比較的目指しやすい資格です。すべて独学で習得したという仲間もいます。ちなみに私は2級試験からはスクールに通いました。スクールはお金が掛かりますが、勉強仲間ができたり、効率よく勉強できたりするというメリットもあります。参考までに私が資格取得に掛けた総額は40万円(テキスト、受験料込み)でした。

関連のない職種では評価されないことも

 次にFP 資格の活用法について考えていきましょう。まず会社勤めのパターンでFPの生かし方を考えます。

 金融機関をはじめとして、FP資格を取得することを推奨している会社は多いです。合格することで資格手当を受けることができることもあります。金融機関で個人顧客のお金の相談を受ける仕事をしている場合、FP資格があると信頼感が増すでしょう。

 しかし、関連のない職種についている場合、あまり評価されない可能性もあります。私も金融機関で法人向けの仕事をしていた時には評価の対象になりませんでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
資格・語学マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ