• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ささいなことから借金が200万円に!

2011年4月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「クレジットカードは何枚持つべきですか? 使いすぎる気がして怖いです。対策などあれば教えてください」

 働く女性からこのような質問を受ける機会がとても多いです。クレジットカードはとっても便利で、今やお肉を買うのにもクレジットカード決済という人も増えています。サイン要らずのスーパーも多く、現金よりもスムーズです。

 また、気になるカットソーが残り1点という時、お金がなくてもクレジットカードを利用すれば手に入れることもできます。現金で支払う場合は、お買い物をする前にお金を貯める必要があります。しかし、クレジットカードは後払いです。支払日までに現金を用意すればよいため、お金を貯める時間を短縮することもできるのです。

 そんな魔法のようなクレジットカード。以前の私は7枚も持っていて、「今日はこのお店で買えばポイントが3倍だから」と使い分けていました。

 クレジットカードは通常支払いが2カ月程度後になります。そのため、明細書が届く頃には「うそ。こんなに買い物したっけ?」ということもしばしば。また、それぞれのカードの締め日や支払日が違うため、管理が複雑になります。分割払い、ボーナス払いにすれば、支払いが3カ月、半年と更に後になり、支払日を管理しづらくなります。ボーナスが支払われても即座にカードの引き落としで消えるという悲しいことも起こります。

 また、クレジットカードで支払う場合、現金は発生せず、明細書と銀行通帳の数字が変わるだけ。まるでバーチャルの世界で、お金を使っているという感覚が麻痺します。3万円のドレスを買うのにも現金だと躊躇しますが、クレジットカードだと「働いているし、お給料をもらえばなんとか支払えるわ」と、気が大きくなるものです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ