• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

iPhoneを買ったらまずやること

2011年2月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

春からの新生活に向けて、ケータイからスマートフォンへの買い換えを検討している人も多いはず。そこで、スマートフォンを買ったら、最初にやるべきことを紹介。今回は「iPhone」編です。

 iPhoneを買ったらまずやらないといけないのが、パソコンに「iTunes」をダウンロードしてアカウントを登録すること。すでにiPodを使っていてiTunesをインストール済みの人はそのままでOKですが、そうでない場合はアップルのホームページからダウンロードして、パソコンにインストールします。インストール後iTunesを起動し、メニューの「Store」→「アカウントの作成」で、アカウントを作成しておきましょう。

 続いてiPhoneをパソコンに接続。表示されるメッセージに従って、ソフトウェアのアップデートなどを行います。と、ここまでがiPhoneを使い始めるまでの序章。これでようやく、iPhoneを使えるようになりました。では、その後やるべきこと、やっておくと便利なことを紹介します。

iPhoneを買ったら必ずやるべきこと

EメールとWi-Fiを設定する

 設定はソフトバンクのサイト「My SoftBank」で行います。「My SoftBank」へはiPhoneを起動後に配信される、SMSに記載されているURLからアクセスすることができます。


 以前からソフトバンクユーザーで、すでに「My SoftBank」に登録済みの人はそのままログイン。初めての場合はパスワードが登録されていませんので、「初めてお使いの方、パスワードを忘れた方」をタップして、電話番号と4桁の暗証番号を入力。その後、SMSに送られてくるパスワードを入力してログインします。


「My SoftBank」では、MMS、Eメール(i)のアドレスを変更できます。iPhoneの設定を行う前に、好きなアドレスに変更しておきましょう。続けて「ソフトバンクWi-Fiスポット」と書かれたバナーをタップして、上の画面で「一括設定」のアイコンをタップ。手順に従って一括設定用のプロファイルをインストールすれば、Eメール(i)の設定とソフトバンクWi-Fiスポットでインターネットに接続するための設定が一気に完了します。

電話帳を移行する

 ケータイからの電話帳の移行は、ソフトバンクショップの店頭に設置されている「メモリーサポート」という端末でケータイからデータをバックアップし、「電話帳かんたんコピー」というアプリを通じてiPhoneに移すのが最もかんたんな方法。「メモリーサポート」では、ソフトバンクケータイはもちろん、ドコモやauのケータイの電話帳もバックアップできます。


 App storeから「電話帳かんたんコピー」アプリをダウンロードしてインストール。電話番号と「My SoftBank」のパスワードを入力すると、電話帳がダウンロードされてiPhoneに保存されます。なお、ソフトバンクケータイから乗り換えで、「S!電話帳バックアップ」サービスに加入していた場合は、「メモリーサポート」を使用しなくても電話帳をダウンロードできます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
太田百合子
太田百合子(おおたゆりこ)
文具から携帯電話、PCまで、アナログ、デジタルを問わず、さまざまなグッズを愛好するライター。女性ユーザーとしてはまだ珍しかった「030」番号時代から携帯を酷使するナニワ節ライター。新しいグッズは買って使ってみないと気が済まないため、銀行残高が一向に増えないのが悩みの種。
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 12月号

    日経ウーマン12月号は「お金が貯まる人の衣・食・住 ぜ~んぶ、見せます!」を大特集。年100万円以上貯蓄している女性たちが、おしゃれで楽しい「貯めワザ」を大公開。さらに「女の5大不安もう怖くない!人生後半に失うお金&もらえるお金」でお金のリスクへの備え方を特集します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 1月号

    今号の特集は「スーパードクターの健康法」。糖尿病、整形外科、歯科、皮膚科…各分野の名医15人が実践している食事・体・美肌習慣を大特集。元宝塚スターCHIHARU式メイク術の新連載もスタートします!

  • 40歳から、幸運を引き寄せる習慣
    日経WOMAN soeur(スール)

    「SOEUR(スール)とは、フランス語で「姉、姉妹」という意味です。40代以上の働くおとなの女性を応援する雑誌として2014年12月に1冊目を発行した「日経WOMAN soeur」の3冊目をお届けします。キャリアも体も家族関係も変化を迎える40歳以降。そこで今号ではもっと幸運を引き寄せるためのさまざまな習慣をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「幼児から10代まで 男の子・女の子の性教育」「最新育児グッズの選び方&ベストバイ」「ワーママのヘアスタイル&美髪ケア」「今、保育があぶない」と、共働き子育て家族にとっての課題や挑戦、気になるテーマを4つの特集にしてお届けします。「ロックママ大森靖子さん新連載」「子連れで利用しやすい駅、ユーザー視点で評価」「住宅ローンを滞納したらどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版