• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

小さいことは気にしない!

2010年8月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「小さいことは気にしない」。じつはこれ、健康を守るうえでとても大切なことだと思う。今までさんざん「自分の体の声を聞く」「体とじっくり向き合う」なんてことを書いてきたので、それと逆のことを言っているように聞こえるかもしれない。けれども、繊細さとおおらかさは、決して相反することではないのだ。

 「日本に来た20年前には、『養生』という言葉さえ知らない女性が多かったのに、今はみんなとても健康に気を配っていることに感心します」というのは、北京出身の中医、邱紅梅先生。しかし、その「気の配り方」には少し気になる点があるという。

 「例えば、『冷やしちゃいけない』とどこかで教わると、それが強迫観念のようになって、この酷暑の中でもカイロをおなかに当て、かえって体調を崩してしまったり、極端な菜食で栄養失調になったり……。それは本当の養生ではないよ、と言うのですが、なかなか本意が伝わらず、歯がゆい思いをすることがあります」(邱先生)

 「中庸」、つまり、過不足がなく偏りもないことをよしとする中医学では、「健康法の実践」も過ぎたるは及ばざるがごとし、と考える。健康という概念も、数値で「どこからどこまでは健康」と決まっているわけではなく、虚弱な人も頑丈な人も、その体なりのバランスがとれていればよしとされる。このユルさ加減が、私は好きだ。

 ちなみに、中医学は「予防医学」と言われることが多いけれど、本来は「養生の医学」なのだと思う。病気を防ぐというより、心も体も軽やかで美しく、元気な状態を保つための医学。中華圏に旅行したことのある人なら、そのことを実感として分かってもらえるのではないかと思う。とにかく街中に健康情報があふれている。だからといって、みんなが病気のことばかりを考えているわけではない。ただ、元気でいるのが「ふつう」で、そのふつうの状態を保つために「養生」することは、ごく自然なことなのだ。

がんばらない「養生」を

 これまで紹介してきたように、中医学はけっこう使えるセルフチェック法や対処法を持っている。その理論をきっちり把握するのは難しいことだけれど、例えば、季節や月経のリズムなどによって体は変化すること、体調の変化は顔色や舌(「毎日の元気は『舌』でチェック!」を参照)にも表れること、心と体は連動していること、などを知っているだけでも、日々の過ごし方がずいぶん違ってくると思う。

 そして、体に何らかの不足や滞りなどの“歪み”があるようなら、その歪みが大きくならないうちに調整して、「中庸」の状態を保つ。具体的には、不足している「血」を食べ物で補うとか、ストレスコントロールで「肝」(「“恋で目が輝く”には医学的理由があった」参照)の機能の乱れを整える、などがそれに当たる。つまり、やみくもに「健康のために!」とがんばるのではなく、そのときの体の状態に合わせて生活や食事を調整すること、それが「養生」なのである。

 そんな知恵も、プラスの方向に活かせる人と、逆に気にしすぎてナーバスになる人がいる。やはり、ここにも「中庸」のココロが必要だと思う。自分の体の変化に気を配りつつも、小さな不調を見つけてはため息をつく、みたいなことはしない。そして、いつもいつもカラダのことばかり気にしない。そんな感じがちょうどいいんじゃないだろうか。

 ぜひ読者の皆さんには、これまで紹介した知恵の数々を「中庸のココロ」で取り入れて、これからも楽しく元気に過ごしていただきたいと思う。

※高島系子さんの「カラダが教えてくれる食生活」は今回が最終回です。ご愛読、ありがとうございました。これからもバックナンバーはお読みいただけます(http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20090827/103845/)。ご活用ください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康レシピ・食材

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版