• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

秋のコーデに欠かせない美ストール術

2010年9月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ストールやケープのような掛け巻物は今年も頼れるコーディネートアイテム。でも、ただ巻いたり羽織るだけでは、様(さま)にならない。洋服とのバランスを生かして、軽やかレイヤードにまとめるストールコーデの最新テクニックを、お見事スナップからいいトコ取り!

◆ボーダー柄にマッチする迷彩・ヒョウ柄

 夏にヒットしたボーダー柄は、この秋もまだまだ使えそう。「マリン=ボーダー」を覆す着こなしが今年流。カムフラージュ(迷彩)柄やレオパード(ヒョウ)柄は、既に定番化したプリントだけど、これらの柄ストールをアフガン巻きにしてボーダー柄に合わせると、意外性あるニュースな表情に。(※「アフガン巻き」とは、胸元に垂らした三角形が印象的な、首周りにボリュームを持たせる巻き方)

 大人のロックスタイルがクール。ボーダー柄のカットソーに、膝当て付きデニム、そして決め手は真っ赤なブーティ。カムフラージュ柄ストールは全体をハードにさせない絶妙のチョイス。フリンジで動きが出て、ヌケ感もプラス。メンズライクなロングジャケットを羽織って、スタイリッシュ感と引き締め効果も加えている。

 人気のリラックス系パンツを遊び心たっぷりにアレンジしたコーディネート。ボーダー柄のカットソーに、レオパード柄のストールを重ねた「柄 on 柄」の合わせがアクセントに。パンツがたっぷりしたフォルムの場合、首周りにボリューム感を置くと、ボトムが重たく見えにくくなるので、ストールを長く垂らさないで、このようなアフガン巻きにして正解。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江(みやた・りえ)
宮田理江(みやた・りえ)
複数のファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤー、プレスも経験。多彩なメディアでファッション業界の現場経験を生かしたコレクションやトレンド情報を発信している。「買う側・着る側の気持ちが分かる」消費者目線での解説が好評。
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ