• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

真夏の夜を快適に過ごすクーラー術

2010年8月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 8月も後半。なのに、暑さは相変わらずですね。前回は、扇風機を上手に使っての「カラダに優しい快眠術」をお届けしましたが、さすがにそれでは“耐えられない“という人に、今回は“クーラーを上手に使った快眠術”をお届けします。

 もう現代病とも言えないほどメジャーになった「クーラー病」。部屋の冷やしすぎで身体が冷えすぎた状態はもちろん、暑い屋外と冷房で冷えた室内の出入りを繰り返すことでこの温度差に対応しきれず、自律神経がバランスを崩した状態が、これ。通常、予防としては、外の温度と室温の差を5度以内にすることや、寝る前にはクーラーを消すことが推奨されています。

 でも、さすがに今年の猛暑では、「クーラーに頼らずに生活するのはムリ!」という声が多数。しかも、これほどの猛暑では、睡眠中の熱中症も油断できません。特に、室温が30度超える湿気の多い夜にはクーラーの力を借りることも選択肢にいれましょう。

 まず、眠る前までは、隅々までしっかりとお部屋を冷やしておきます。扇風機でお部屋の空気をかきまぜて、均一に冷やしておくことも忘れずに。就寝前の準備として、エアコンのタイマー設定もしましょう。設定温度は27度以上と、ちょっと高めで風は弱めに。タイマーは3時間で切れるように設定するのがポイント。それほどキツくない暑さなら、就寝前や就寝後30分以内でエアコンが切れるようにして、身体への負担を軽くすることが大切ですが、猛暑の場合は、これが仇になることもあるからです。エアコンが切れてから急激に上昇した室温のせいで、せっかくの睡眠が妨害されて睡眠不足になる可能性があるのです。

 睡眠は眠り始めが肝心。最初にグッと深い眠りをとれれば、その後の睡眠リズムもきれいに描き、良質な睡眠をとりやすくなります。そこで、睡眠初期にあたる時間帯、快適な環境を作っておきましょう。

 さらに、睡眠の満足度をあげることも大切です。睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠という浅い眠りと深い眠りを繰り返しながら朝を迎えます。この1セットの時間は90-110分。最初の1セットが一番深い睡眠となり、だんだん浅い睡眠リズムへとなって朝に向かっていきます。せめて最初の3時間で深い眠りを体験できれば、浅い眠りで目を覚ましても寝不足の不快感を軽減できるのです。逆にエアコンを一晩中つけてしまうと、体調を崩しやすくなります。

 特に朝方4-6時は最低体温になる時間帯。このときにエアコンで身体を冷やしてしまうと、夏風邪の大きな原因になってしまうので、その前にエアコンを切っておく必要もあるのです。猛暑の際には、少々涼しい風で3時間。これが、快眠エアコンの使い方です。それでも、クーラーに抵抗があるという人は、長時間使える“冷え冷え”グッズを活用しましょう。冷たい枕、シーツ、靴下、ネックバンドなど、今年は特に身体を涼しくするためのグッズが多く出回っています。

 睡眠の際に使えるものの目安は、涼しさを長時間持続できるものであること。一見良さそうに思える商品でも、1-2時間しか効果が持続できないものも多くあります。表示をしっかりとチェックして、せめて3時間、できれば8時間くらい冷やし効果が続くものを選べば、快眠のお供になりそうですよ。ぜひ、上手に寝苦しい夜を吹き飛ばしてくださいね。

 それにしても、今朝からノドが痛い私。快眠にこだわったはずなのに・・・エアコンのタイマー設定を忘れたせいで、朝方、寒くて目を覚ます始末。タイマー設定をしっかりとすることも、夏風邪予防に大切ですよー!・・・・・・クシュン。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
結城未来
結城未来(ゆうき・みく)
タレント・灯りナビゲーター
テレビ番組で活躍する一方、インテリア・コーディネーター、色彩コーディネーターなどの資格を生かして、健康と美に効く生活術を提案中。著書に、「頭がよくなる照明術」(PHP新書)、「人を動かす照明術~歴史に学ぶここ一番での光の使い方」(ソフトバンク新書)、「照明リフォームでお部屋の模様替え」(小学館)など。
ホームページ http://yukimiku.jp/ツイッター http://twitter.com/yuukimiku
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ