• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

古くて新しい「夏から保湿」のワザ

2010年8月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
乾物として売られている白キクラゲ。甘く煮てデザートとして食べることが多い。パッケージの効能書きには「潤肺」「養顔」などの文字が。

 シンガポールでお世話になっている歯科医に、先日おもしろい話を聞いた。「シンガポールは一年中湿度が高いので、乾燥しないと思っている人が多いんですが、実はエアコンをつけて生活する時間が長いせいか、口の中が乾燥して唾液が少なくなっている人が多いんですよ」。

 それは、体感としてなんとなく分かる。来たばかりばかりのころは、体にも“湿気”がたまる感じがしていたけれど、このところ、逆に体の潤い不足を感じることが多くなってきたのだ。周りでも、「最初は、日本から持ってきた化粧品が重く感じて、さっぱり系の化粧品に切り替えたけど、このところまた物足りない感じ」「なぜかのどが乾燥しやすくて、いつも飴を持ち歩いている」「日本の冬のような乾燥感はないけれど、確実にシワは増えている気が……」などなど、潤い不足を実感している人がけっこういる。

 もちろん、どんな年代の人でも、前よりは歳を重ねているわけなので、潤いが徐々に減り、しわもちょっとずつ増えていくのは仕方がない。エアコン、それから、強烈な紫外線の影響も大きいだろう。一年中夏暮らしの私たち、潤い補給にも十分に気をつけないとまずそうだ。

 そんなことを考えていて、ふと思い出したのが「夏の終わりから、肺の潤いを補うものを積極的に食べる」という中医学の養生法のこと。これは、乾燥の季節である秋に備えての知恵だと思っていたが、それだけではなく、夏は潤いが失われやすいので、それをリセットするという意味合いもあることに気づいた。最近でこそ、美容の世界では「夏から保湿」なんてことが言われるようになったけれど、実は、中医学では何千年も前から「夏から保湿」がジョウシキだったわけだ。

 もちろん、保湿といっても肌だけのことではない。けれど、肌の自然な潤いは体の中から生まれてくる。特に、肌は肺とのつながりが深いので、「肺を潤す」ことは肌の潤いを補うことにつながる。ついでに言えば、肺は大腸と「表裏」の関係にあるので、肺が潤えば腸も潤い、乾燥型の便秘の予防にもなる。便秘をしていると肌の調子が悪くなる、ということから考えても、肺ー大腸ー肌というのは、なんとなく納得できる関係だと思う。

 ちなみに、中国で秋が始まるころによく食べられている「潤肺(じゅんぱい)」の食材は、梨、白キクラゲ、百合根、杏仁など。白い食品が多いのが特徴だ。秋に旬を迎える穀類や野菜をちゃんと食べ、加えてこういった食材も適度に取り入れて、乾燥に弱い肺を守り、肌の潤いもキープしていこう。秋に起こりやすい声がれや空咳の予防にもなるはず。

 こんなふうに「季節に合わせて養生する」ことは、アンチエイジングの第一歩となる。そして、自分の体の弱点に目を向けることも大切だ。例えば、しわ・たるみ系の老化は気(エネルギー)の不足が大いに関係するし、しみ・くすみ系は血のめぐりの悪さと切っても切れない関係にある。つまりは、自分のカラダに合わせたケアをすること=アンチエイジング、ということになるわけだが、もうひとつ、中医学には「エイジングをつかさどる臓器」があり、その臓器をいたわることがアンチエイジングにつながる、という考え方がある。次回は、その独特の考え方と知恵について紹介しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ