• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

かわいいイルカ、獲っていいですか(2/2)

2010年8月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「The Cove」側もイルカ漁側も、ちょっとウソがある

 ただ、イルカの捕獲数を、映画では年間2万頭と言っていたけれど、あれはちょっと言い過ぎ。確かに、水産庁や都道府県が許可する捕獲枠を足し合わせると2万頭くらいになりますが、実際にはそんなに獲れるものでもなく、21世紀になってからは1万頭そこそこの捕獲が続いているみたいです。それも、ほとんどは岩手県などのイシイルカで、今回「残酷」な追い込みで話題になった追い込み漁とはまた違ったタイプなんですよね。

 いずれにしてもイルカ漁って、どう考えればいいんでしょうね。

 イルカはかわいいし、殺すのは残酷だから、イルカ漁絶対反対という人は、立場がはっきりしていてよろしい。ただ、ぼくはその立場ではありません。ぼくが注目しているのは、むしろ、イルカ漁によって野生のイルカの地域個体群が滅んだり、極端に数を減らしたりしないか、ということなんです。

 実は、日本のイルカ漁の中には、一時、捕獲量をごまかしてきた地域もあって、ちょっと慎重にならざるをえないのです。岩手県などのイシイルカ漁の統計が、実際の捕獲よりも5割も少なく報告されていたこともありました。その結果、イシイルカだけで1年間に4万頭も獲ってしまったことすら1980年代にはありました。また、追い込み漁で、本来獲ってはいけない種類のイルカを捕まえてしまったりしことも。さらに言えば、スジイルカのある個体群は、獲りすぎで壊滅状態になったとも考えられています。

 だから、ぼくは太地のイルカ漁も含めて、ちゃんと捕獲枠のとおり、節度を持って行ってくれているか心配しているわけです。最近ではかなりきちんとやっているという話は耳にしてはいるんですけどね。

「イルカ漁反対」には2つの異なる立場がある

 なお、「“残酷だから”イルカ漁ノー」という立場と、「“野生の個体群の保護のため”に慎重な態度を」という立場は、ともにイルカのことを心配している点では似ていますが、その実、かなり違います。前者は、「動物愛護/アニマルライツ」といった個体の福祉を大事にするものですし、後者は典型的な自然保護の発想ですね。こういうことは、いずれまとめて議論しようと思っています。

 イルカの「かわいいだけではすまない」問題は、イルカ漁そのものだけには留まらず、映画でも指摘されているように、水族館の問題や、イルカ肉の水銀汚染の問題などにも飛び火していきます。

 次回から、そのあたりのことも考察いたします。

イルカ問題を考えた著作が文庫化
『イルカと泳ぎ、イルカを食べる』(筑摩書房)

川端裕人著。人間とイルカの関係について考えながら行った、14のイルカをめぐる旅の記録。『イルカとぼくらの微妙な関係』(時事通信社)の文庫版。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

Profile
川端 裕人
川端 裕人(かわばた・ひろと)
ノンフィクション作家・小説家。1964年生まれ。日本テレビ記者を経て、1995年にノンフィクション作家としてデビュー。著書に『イルカとぼくらの微妙な関係』(時事通信社)、『クジラを捕って、考えた』(徳間書店)、『ペンギン大好き!』(新潮社)などのノンフィクション作品、『算数宇宙の冒険』(実業之日本社)、『(1)嵐の中の動物園三日月小学校理科部物語』(角川つばさ文庫)などのフィクション作品がある。
関連キーワードから記事を探す
旅行・お出かけ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ