• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏肌トラブルに効く“インナーケア”

2010年8月2日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ハトムギを緑豆と一緒にゆで、沖縄の「あまがし」風に黒みつで食べるのもおいしい。

 シンガポールに戻り、エアコンなしで眠ることができる幸せを味わう。最高気温30度強、最低気温25度のシンガポールが「涼しい」と感じるのは、尋常ではない東京の暑さを体験してきたからだろう。

 今回、特に感じたのは肌の不快感。べたついた空気の中でなんだか肌が息苦しそうなのだ。かく汗も、シンガポールにいるときとは違うような気がする。暑さと湿気による肌トラブルは決して少なくないのではないかと思い、旧知の中医師、邱紅梅先生に尋ねてみる。

「今年は梅雨時から比較的気温が高かったせいか、6月半ばから肌トラブルに悩む人が多い」とのこと。単に数が多いだけでなく、例年とはトラブルのタイプが違っていることにも気づいたという。

 一般的に夏に肌トラブルを起こしやすいのは、「体に熱がこもりやすい」タイプの人。「体の中の『熱』と上手に付き合おう」でも書いたように、赤いニキビや湿疹が出やすい、顔が赤い、ほてりやすい、などの特徴がある。そして、夏に悪化することが多い。こういう「熱タイプ」の肌トラブルには、熱を冷ます作用が強い「清熱解毒(せいねつげどく)作用」のある漢方薬を用いるのが一般的だ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ