• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

レシピ不要、おいしくカラダにいい料理

2010年5月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
まずは、栄養豊富でアレンジ自在な炊き込みごはんから。

「料理本の通りに作ったのに、なぜかおいしくない」「この間と同じように作ったつもりなのに、今日は失敗!」なんて経験、誰にでもあると思う。

 忘れがちなことだが、料理というのはイキモノが相手である。野菜はもちろん、肉や魚も、季節や産地、鮮度などで味が違ってくる。冷蔵庫にある味噌だって、徐々に発酵が進んで風味が変わる。長期保存できる乾物類でさえも、もとは生き物。だから、素材の違い、あるいは加工の仕方や保存方法など、さまざまな条件においしさが左右される。そんな相手を扱うのに、「いつも同じおいしさ」を求めるほうが間違っているかもしれない。

 前回も書いたけれど、自分や家族が家で食べる料理は、そこそこおいしければいいと思う。「今日はごはんが硬いね」「ちょっと醤油入れ過ぎた!」なんて会話、私は嫌いじゃない。とはいえ、あまりにも適当に作り過ぎて、食べられないようなシロモノができ上がってしまうのはやっぱり悲しい。毎日の料理を、それも、時間がない中の一発勝負!というときに、失敗せずに料理を仕上げるコツ。それは、「本を見ないで作る」「ひたすら味見すること」だと思う。

 かくいう私、実は料理の本が大好きで、朝から晩まで眺めていた時期もあった。今も、「分からない料理」「初めて食べた料理」に出合ったときは、まず本を探して材料やら作り方を調べる。けれど、その本を見ながら作ることは、ほとんどない。というのも、本を見ながら作るという作業は、とても疲れるし、時間がかかるから。なにせ常夏のシンガポール、そう何時間も冷房なしの台所にいられるものではない。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ