• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

植物が肌をキレイにする

2010年5月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 まずは、肌をキレイにする植物の組み合わせの例を紹介しましょう。一緒に植えるのに相性が良い植物ですから、一つのコンテナに植えてみてください。

組み合わせ例
黄色とオレンジのナスタチウムとマリーゴールドに囲まれたオリーブの木、まわりにニンニク、アロエベラ、ノコギリソウを点在させます。

 では、組み合わせ例で紹介した植物を中心に、育てるのにお薦めの植物を詳しく説明していきます(必ずしもすべての方の肌に合うとは限らないので、ご注意ください)。

エキナセア

マリーゴールドとゴボウの根と一緒にお茶にして飲むと、肌の発疹やおできをキレイにしてくれます。血もキレイにしてくれると言われています。

みかん

オイリー肌、ニキビの肌にお薦めです。肌に直接みかんオイルをぬってもいいですが、ぬった状態で日光に当たるところに出る際は、何かでカバーしてください。みかんオイルであなたの肌は敏感になっています。ラベンダーとゼラニウムと一緒にお風呂に入れるとリラックスに良いですよ。みかんは東京の気候に合っていて、何の世話をしなくても丈夫に育ちます。

マリーゴールド

肌トラブルへのすばらしい応急処置になります。花びらをサラダやお米に入れてください。マリーゴールドとカモミールの湿布はおできをキレイにします。

ユーカリ

葉っぱをお茶にしてスプレーにして吹きかけて使ってみてください。水虫と戦い、ただれ、虫さされ、ヘルペスを洗浄します。水もほとんど必要ない手のかからない強い植物です。あなたが必要なときに葉を摘んでください。窓などにユーカリのお茶のスプレーを吹きかけておくと、虫除けにもなります。

アーモンド

アーモンドオイルは肌を柔らかく、滑らかにします。良質の粉末アーモンド(アーモンドプードル)は温水と混ぜペーストにし、それで顔をこすることで、肌角質を剥離し、きれいにします。
※アーモンドオイルは自分で作るのは難しいかもしれないので、オーガニックのものを購入しても良いかもしれません。

コンフリー

特に乾燥して、ひび割れている肌を素早く癒してくれます。しかし、傷を洗浄する時には最初はキンセンカかマリーゴールドで、その後にコンフリーで行いましょう。そうすれば肌は素早く癒され、感染症も防ぎ、傷を早く癒すでしょう。コンフリーは豊富な栄養をコンテナのほかの植物に与えます。毎週コンフリーのお茶をあなたが飲むのと同じように植物にも与えましょう。

オリーブ

乾燥肌、そして擦り傷に効果があります。果実を食べ、オイルを飲み、サラダに使い、葉をちぎってお茶やオイルに加えましょう。オリーブは心もリフレッシュさせます。

アロエ

新鮮なジェルとして使用すると肌の感染症やトラブル、特にニキビに効果があります。軽く塗って使いましょう。日焼けにも素早い効果があります。簡単に育ち、素早く広がる、あなたの肌にとってとても頼れる存在です。胃や腸にも効果がありますよ。

ノコギリソウ

2週間に一度、お風呂にいれると良いでしょう。

ナスタチウム

ナスタチウムの葉は新鮮に食べることができます。例えばサラダ。花は天ぷらにできます。貧血を予防し、皮膚発疹をキレイにしてくれるでしょう。成長が早く、かわいい黄色とオレンジの花がコンテナを満たすでしょう。

にんにく

新鮮なガーリックジュースは皮膚を癒すプロセスを助けます。

 肌にいい植物の育成、楽しんでみてください。来週もこの庭でお待ちしています!

構成・文/堀江大祐(MEDIA SURF COMMUNICATIONS) 写真/Kanaki Shiina(boups)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
ジョン・ムーアさん
ジョン・ムーアさん
社会企業家。コミュニケーションデイレクター。英国公認教師、オーガニックフード・ガーデニング教師。元パタゴニア日本支社長。英国シェフィールド大学教育学部卒業後、教師を経て、電通に入社。コピーライターとして活躍する。その後、パタゴニア日本支社長に就任し、現在はjohn moore associates代表をつとめる。さまざまな講義を行う「自由大学」で「100%オーガニックフードを自分で育てる」という講座の講師を担当。国連大学前で毎週末開催される「Farmer's Market」に出店もしている。
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ