• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

旬の野菜には季節特有のパワーがある!

2010年4月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
ウドは春の香りを運んでくれる。

 4月のとある日、日本からウドが届いた。日本の食材を手に入れるのに困ることはほとんどないシンガポールだが、こういう季節モノは別だ。まず見かけることはないし、あっても手を出す気になれない値段で、しかもしなびていたりする。

 届いたばかりのウドの皮をむくと、ふわりと日本の春の香りがして、なんだかとても懐かしい気分になる。日本にいたころには意識したこともなかったが、野菜の香りはとても重要だ。レタスやほうれん草、人参など、ごく当たり前の野菜にもそれぞれの香りがあって、新鮮であればあるほど香りも強い。

 自給率が限りなくゼロに近いシンガポールには、世界中から食物がやってくる。だから、種類は豊富だけれど、スーパーに並ぶ野菜はあまり新鮮とはいえず、野菜らしい香りもほとんどしない。

 日本の農家から直接届く野菜は、本当にいい香りがして、触ったり見たりしているだけでも気分が高揚してくる。新鮮な野菜には、何かしらの「元気のもと」が入っているに違いない!と思ってしまう。飛行機で野菜を取り寄せるなんて、ほめられた話ではないけれど、どうしてもやめられないのは、これらの野菜から本当にたくさんのパワーをもらっているからだ。

 常夏のシンガポールで、日本の旬(特に冬)の野菜を食べることは、中医学が考える「季節や住む環境に合わせた食生活」(「住む場所や季節で体質が変わる?」)にはそぐわないかもしれない。けれどやっぱり、長いこと冷蔵庫に入れておいても、何の変化もない野菜より、放っておいたらあっという間に芽や根が出てくる野菜のほうが、エネルギッシュでいいなと思う。

 そんなことを考えたのは、このところ急に、ジャガイモの芽が出るのが早くなったから。日本にいるときは、「暖かくなってきたのだから当たり前」と思っていたけれど、どうやらそうではないらしい。一年中暑いシンガポールでも、そして、ずっと冷蔵庫に保管していても、冬と春のジャガイモには大きな違いがある。ナンセンスと言われるかもしれないけれど、ジャガイモが日本の春のエネルギーを蓄えてシンガポールにやってきた、としか思えないのだ。

 何はともあれ、日本に住んでいる人なら、あまり難しいことを考えなくても、その時期にいちばん安くて元気な野菜を食べるのがやっぱりいいと思う。季節の移り変わりとともに、野菜の味も変わることを意識して、旬の野菜をたっぷりとろう。何も、ウドのような特別なものでなくてもいい。新キャベツや新タマネギなら、火も通りやすく、時間がないときにもさっと料理できるはずだ。さっと炒める、あるいは、かつお節としょうゆで和えるだけでもいい。素材が新鮮なら、シンプルな調理法でも十分おいしいはずだ。

 今年の春は天候不順で、野菜の出来にも影響が出ていると聞く。そんな中でもがんばって育った野菜、少々高くても慈しんでたっぷり食べてほしい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 8月号

    特集「忙しくても元気になる!週末の『時間割』」。週末がもっと充実する時間割の作り方や、5分、10分、30分の短時間で週末の満足度が上がる過ごし方プランを紹介。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 8月号

    美筋トレーナーAYAさん監修「エクササイズ★チューブ」付録付き特大号!一生やせ体質になる“大人のダイエット”を総力特集。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 7月号

    「日経DUAL」7月号は「子どもが幸せになる将来のおしごと」「ワンオペ育児からの脱出法」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「反抗、性徴 大人への変化が芽吹く5・6年の成長」「夏休みの自由課題 『親子で作る発酵メニュー』」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ