• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界の働き女子の流行ウォッチ

メイクは環境に悪い?ビオコスメの時代

2010年4月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
(C) Börlind Gesellschaft für kosmetische Erzeugnisse mbH
今年1月、ベルリンの高級デパート「ギャレリエ・ラファイエット」に登場したアンネマリー・ボーリンドのカウンター。

 有機農法で栽培された野菜や果物、危険性の高い添加物を使わないパンやパスタなど、健康を第一に考えた食生活はもはやヨーロッパでは当たり前になった。そして今、時代はコスメに移った。健康重視の生活をリードしてきキャリアウーマンたちは高級ブランドではなく、ナチュラル(ビオ)コスメを求め始めた。“カッコいい女”の代名詞は確実に変わりつつある。

 今年2月のベルリン国際映画祭「ベルリナーレ」。世界中が注目する映画祭に登場する女優や司会者たちを影で支えたのは、ドイツを代表するビオコスメ「アンネマリー・ボーリンド」だった。この瞬間、世界のセレブを支えるコスメとしての地位を確実にした。

 製品に対して厳しい目を持つドイツ人が、商品価値の判断の手助けとして利用する雑誌「エコテスト」が実施した化粧品テストの中で、最も点数が低かったのは有名高級ブランドの製品だった。肌に良くないとされる化学物質やパラフィンを使用していたからだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケアライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ