• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

LED電球は「買い」か「待ち」か

2010年4月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 2009年は“LED電球元年”といわれるくらい、さまざまなメーカーからLED電球が発売され、注目されました。白熱電球や電球型蛍光灯に置き換えて使える“エコな電球”として、今年はさらにそのバリエーションも増えてきています。

 大手メーカーの基本タイプは大体3000円台。100円台で買える白熱電球と比べて「高い」と思う人もいるかもしれません。実際、現在の購買者の多くは、新しい物好きの男性。慎重な女性陣はまだまだ様子を見ている状態です。とはいえ、「話題のLED電球、その魅力とは?」でお話したように、初期投資は多少あっても、その魅力はたくさんあります。

大手3社から次々と発売されたLED電球
左から、「DL-J40AL(電球色相当)」(シャープ)、「LDA6N(昼白色相当)」(東芝ライテック)、「LDA6D-E17(昼光色相当)」(パナソニック)

 大体1日6時間程度の使用で、10年以上使える長寿命。1年間に300-400円程度で、しかも電気代が安くなることを考えれば、お得感がありますよね。光の明るさや色を変えられるタイプなど、便利なものも続々と登場。注目度は高いのです。

 ただ、やはり今までにあった白熱電球や蛍光灯とは違う光なので、それに対して違和感を感じる/感じないは人それぞれ。そこで、まず使ってみるなら、廊下や階段の上など、メンテナンスが面倒な場所から使うのがオススメ。長寿命ということは、取替えの手間が減るので、高齢者にも優しいですよね。トイレに使えば、1日に何回か使う上、数分間は滞在するので、その居心地の良さ、違和感の有無を確認できるはず。それから徐々に使う場を広げていけば、心配も吹き飛びますよ。

 ただし、買う際には蛍光灯以上に要注意。メーカーによってその特徴に差があるんです。パナソニック、東芝などの従来の照明メーカーに、LED電球で注目を集めたシャープが加わって、現在LED電球は3大メーカーが主流。そうは言っても、半導体の会社や電気とは無関係だったメーカーも次々に参入してきて、市場には数十社ものLED電球が出回っています。同じLED電球の「電球色」でも、黄色味が強いものやオレンジ色に近いものもあったり。光がほとんど下にしか出ないものから、横にもふんわりと光がでるものまで、光の出方も違うんです。同じ表示でも、見た目の明るさ感まで違うので、店頭で光を確認するのが、賢い買い方です。

 店頭で確認した光の感じが家の中で再現され、かつ、居心地も悪くない、と感じたなら「買い」ということですね。

白熱電球製造中止?!

 ただ、すべての電球がLEDになるというのは違います。「白熱電球製造中止」のニュースが駆け巡り「うちの照明は白熱電球だから、もう使えないんですか?」「お気に入りのスタンドだったのに、エコじゃないんですか?」などのお問い合わせがメーカーに殺到しているようですが、そんなことはありません。安心してください。実際、製造中止になるのは白熱電球の中でもナス型の基本タイプのみ。残るタイプがほとんどなんです。白熱電球特有の“炎のようなきらめき”は大きな魅力。あの魅力に魅せられている人は多いですよね。

 確かに、LEDは猛スピードで進化しています。だからといって、今から生活を“オールLED”にする必要はありません。蛍光灯だって、ドンドン進化していて、さらに長寿命で明るさが落ちないエコなものが出ているんです。部屋の隅々まで明るく照らしたい場合は蛍光灯、ダウンライトはLED電球、ホッとしたい目線の先には白熱電球のきらめきを……というように、使い分けていくのが賢くエコで居心地よくなる方法。上手に使い分けて、エコで快適な生活を目指してくださいね。

…そうは言っても、先日、お気に入りのハロゲンランプのスタンドをうっかり倒して壊してしまった私。白熱電球の仲間のハロゲンランプの光は温かみがあって私のお気に入りなんだけど、普通の電球より高いんだよなぁ……あぁ、お財布にも優しくないったらありゃしない!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
結城未来
結城未来(ゆうき・みく)
タレント・灯りナビゲーター
テレビ番組で活躍する一方、インテリア・コーディネーター、色彩コーディネーターなどの資格を生かして、健康と美に効く生活術を提案中。著書に、「頭がよくなる照明術」(PHP新書)、「人を動かす照明術~歴史に学ぶここ一番での光の使い方」(ソフトバンク新書)、「照明リフォームでお部屋の模様替え」(小学館)など。
ホームページ http://yukimiku.jp/ツイッター http://twitter.com/yuukimiku
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ