• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

睡眠との関わりが深い「心」という臓器

2010年3月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
新鮮なリュウガン。味はライチに似ている。

「こころはどこにあると思いますか?」――ある中医師からこんな質問を受けたことがある。えーと、それは脳の活動によるもので……などと答えていいものかどうか迷っていると、「脳という概念を持たない中医学では、こころに関するトラブルも、五臓(脾・肺・心・肝・腎)からアプローチするんですよ」と教えてくれた。そのときにいちばん驚いたのが、「心(しん)」という臓の働きである。

 「心」は、そのポンピング作用で血を全身に送り出す臓器である。その「心」が“こころ”と深い関係にあるという話に、当時はびっくりし、その一方で納得もした。

 驚きやときめきといった感情にまず反応するのは心臓だ。ほっとしたときも、思わず胸をなで下ろす。緊張すると手足が冷たくなってくるのも、血を送り出す心臓と関係があるからかもしれない。そんなふうに思ったのだ。考えてみれば、心という文字がついている臓器なのだから、こころと何らかの関係があったって何の不思議もない。

 古代の人々がこころと心臓を関連付けて考えたのは、ある意味当然だと思う。そして、これを現代においてもナンセンスと片づけるわけにはいかないのは、実際に「心」を調整することで改善できる症状がある、という点である。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ