• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オリンピック選手に学ぶ睡眠術

2010年3月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア


 オリンピックの興奮冷めやらぬこのごろ。「真央ちゃんはスゴかったよねー」とか「上村愛子さんは残念」などと、テレビや雑誌などではまだまだ話題に事欠かない感じですね。

 こういったトップアスリートは、決して1人で戦っているわけではありません。彼らの勝利を信じて、何人ものスタッフがチームになってサポートしています。例えば、技術面を指導するコーチはもちろん、栄養面を指導してカラダの内側を作るスタッフ、道具や衣装をサポートするスタッフまで色々。本番前に極度な緊張状態に追い込まれるトップアスリートたちを精神面で支えるスタッフもいるのです。

 実は、彼らの精神面をサポートしてきた手法は、元気を出したい人のお部屋作りにも役立ちます。一流選手たちが最もこだわる環境が、睡眠環境。フィギュアスケートのキム・ヨナ選手が今回のオリンピックでは選手村に滞在せずホテルに宿泊していたのも、質の良い睡眠をとるためと言われていますよね。国をあげての期待のプレッシャーや雑音から逃れて、本番に向かって集中力を高めるには、このこだわりが必要だったんですね。多くのトップアスリートを指導してきた方にお話を伺うと、本番前には小さなものから大きなものまで、すべての刺激をカットするように指導するといいます。それくらい神経質に“睡眠”の質にはこだわるそうですよ。

 人間は、数万年以上も前から、敵から逃れて生き抜くためにあらゆる感覚を研ぎ澄ませてきました。特に夜は、敵に襲われる危険性が高まるとき。ちょっとした刺激にも敏感になりやすい時間帯です。

 それは文明が発達した現代でも同じ。たとえば、睡眠中に耳に入ってくる音や感じる光は、無意識のうちに恐怖や警戒心を呼び起こし、眠りの質を悪くしている可能性があるのです。眠りの質が成績をも左右するトップアスリートには、車の音さえ聞こえない静けさと真っ暗な環境を作って本番前日に過ごすという人も多いようですよ。

 眠っている最中に限らず、眠る直前の過ごし方も、睡眠に影響を与えます。特にパソコンや暗い中でのテレビ観賞は、大きな刺激。どちらも目にとって光の量はそれほど強くなくても、脳に刺激を与えることになるので、やめましょう。「今よりもう少し元気でいたい」と思う人も、ぜひ寝室にある刺激をチェックしましょう。

 そうは言っても「真っ暗だと眠れない」という方も多くいますよね。幼い頃から照明を少し灯した環境で育ってきている人にとっては、むしろ暗闇は恐怖。こういうケースの場合は「慣れていて安心できる環境」を優先させるのがよいですね。何年も入眠時にラジオやBGMを聴きながら眠る習慣があるという人も同様です。

 BGMをかけたいなら、なるべく穏やかな曲を選曲しましょう。それでも、30分くらいで自動的にBGMが切れるようにタイマーをセットしておくのがおススメです。「スイッチを切らなければいけない」という意識が働いて、眠りが浅くなるのを避けるためです。意外と見落としがちな睡眠環境の刺激チェック。ぜひ、安眠妨害の要素をすべて取り除いて、明日の元気を蓄えてくださいね。

 それにしても、うちのマンションは風の音がうるさいような……あぁ、換気の穴が壊れていたのを忘れてた!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
結城未来
結城未来(ゆうき・みく)
タレント・灯りナビゲーター
テレビ番組で活躍する一方、インテリア・コーディネーター、色彩コーディネーターなどの資格を生かして、健康と美に効く生活術を提案中。著書に、「頭がよくなる照明術」(PHP新書)、「人を動かす照明術~歴史に学ぶここ一番での光の使い方」(ソフトバンク新書)、「照明リフォームでお部屋の模様替え」(小学館)など。
ホームページ http://yukimiku.jp/ツイッター http://twitter.com/yuukimiku
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 9月号

    特集「着ない服から心のイライラ、仕事のムダまで、ぜ~んぶ、スッキリ!『1分で捨てる!新習慣』」。第2特集「貯めてる女子はやっている!お金の裏ワザ130」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 9月号

    たるみ・脂肪・ゆがみ…“お腹ぽっこり”″の悩みをすべて解消!「朝夜5分で下腹を凹ませる」方法を総力特集♪

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 8月号

    「日経DUAL」8月号は「100年ライフに備える共働き家計」「仲良しセックスレスはいいこと?悪いこと?夫婦のスキンシップ」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「竹内薫 娘のためにトライリンガル学校を設立」「西原理恵子 妻も夫も『愛してる』って言おうよ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ