• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

脳の疲れは手のマッサージで取る

2010年1月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 私たちの手の神経はとても優秀で、字を書いたり、パソコンのキーボードを打ったり、顔を洗ったりと様々なことを可能にしてくれています。

 このような生活上不可欠で何気なく使っている手は、「触れる」「感じる」「つかむ(握る)」などの感覚や動作を、脳との密接な関係により行っているのです。そのために、昔から「手は第二の脳」と言われています。

 この細かい手の動作。29個の骨、25以上の関節、30以上の筋肉を動かすために、脳が常に信号を送っています。そのため、あなたが頑張りすぎて手が疲れてくると(筋肉や腱が疲労すると)、脳からの信号をうまく受けることができなくなり、脳もストレスを受け、疲れていきます。

 脳の疲労は、自律神経の乱れ、そう鬱(うつ)、循環器機能の低下などの原因にも繋がります。特に自律神経の乱れはお肌の大敵なのです。

 自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経が優位になると、胃腸の働きの低下、血行不良、筋肉の緊張などを招きます。血行不良や筋肉の緊張が続くと、肌に栄養が行き渡らずに、肌のターンオーバーが乱れ、肌トラブル、しわ、シミの原因にもなります。

 そこで、今回はそんな手の疲れをリセットしながら、お肌もキレイにするケアをご紹介しますね。ツボを捉えて、痛気持ちよい程度の圧で1カ所3秒押して、それを10回ほど繰り返します。「大腸経」は中医学の考えでは、お肌に作用すると言われていますので、是非お試しください。


【合谷(ごうこく);大腸経】
部位:手の甲、親指、人差し指の間のへこんだ部分、やや人差し指より
効果:血流アップ、鎮痛作用(頭痛の時にもよい)
【局池(きょくち);大腸経】
部位:膝を思い切り曲げてできるしわの端っこ
効果:首や肩の緊張を取る、ニキビなどの吹き出物を軽減、身体の熱を取る作用

【労宮(ろうきゅう);心包経】
部位:手をグーに握ったときに手のひら側、薬指と中指の先端にあたるところ
効果:ストレス、自律神経の矯正、疲れているときの全身活力アップ、ホルモン分泌を高める

【内関(ないかん);心包経】
部位:手のひら側の手首のしわの中央から指幅3本文の肘方向へ上がったところ
効果:イライラやストレスの緩和
【陽池(ようち);三焦】
部位:手の甲側の手首のしわの中央
効果:首肩の凝り、手のこわばり

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
村木宏衣
村木 宏衣(むらき ひろい)
スタイルM 代表/アンチエイジングデザイナー
エステ、整体、松倉クリニックでの経験を経て、多角的な独自の美容メソッドを確立。各界の著名人からの指名も多く、予約は2カ月待ちの状態。旺盛な知識欲が、他の一歩先を行く独自なメニューを生み、常に美容業界に話題を提供し続けている。近著に『顔筋整骨セルフビューティ』(主婦と生活社)、『1日1分からできる美脚リセット』(成美堂出版) *スタイルMのサイトは⇒こちら
関連キーワードから記事を探す
ダイエット

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版