• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

知りたい!なりたい!こんな職業

「男性の仕事」からイメージチェンジ
女性客増加で引く手あまたの存在に
理容師 濱田有美子さんのケース(2/2)

2009年10月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

くせ毛の悩みが解消されたことが、理容師を目指すきっかけに

 くせ毛に悩まされ内向的になっていた中学生時代、考えるのは髪のことばかり。その姿を見て理容師の両親は、縮毛矯正の薬剤がなかった当時に、パーマの薬剤を使って試行錯誤しながら髪をストレートに伸ばしてくれたのだそう。悩みが解消されて前向きになれたという濱田さんは、「髪型ひとつで性格だけでなく人生までもが変えられる! 私のような悩みを持つ人のチカラになりたい」と理容の道に進みました。。

 高校卒業後に、千葉の東洋理容美容専門学校へ入学。学校では昼間生として1年間、刃物を使用する上で必要な消毒や衛生面の知識を徹底的に身に付け、フェイシャルなどのエステや、ネイルなどのトータルビューティーも学びました。専門学校を卒業後、国家試験(筆記)に合格。実技の国家試験を受けるには当時1年以上のインターン(実地訓練)が必要だったので、父の紹介で山口県の理容室「ヘアモードサロンイワモト」に住み込んで経験を積みました。翌年には国家試験(実技)にも合格し、理容師の免許を取得しました。(現在は修学期間など制度が変更され、国家試験は卒業前に筆記・実技双方の受験が可能です)

 そして修業期間中、2度にわたって理美容コンクールで優勝。これは仕事終了後に3時間、休日は10時間かけてトレーニングを行った末の成果でした。「私に関わってくれた人達への感謝の念とうれしさで涙があふれて止まりませんでした」。その後ドイツの「銀座マツナガ」ハンブルグ店勤務も2カ月ほど経験。計5年に渡った修業ののち、実家の千葉県成田市にある「銀座マツナガ」成田店に入社しました。

 最近はお店のスタッフが増えたため、京セラ稲盛和夫会長の「盛和塾」に通い、経営を学んでいます。「実力やキャリアのある方々が真剣に勉強されている姿はものすごく励みになります」

濱田さんの一日

<通常の勤務日>
6時半: 起床。読書・そうじ・ウォーキングなど
8時: 出社。スタッフ全員でカットやシェービングのトレーニング
9時: 開店準備
10時: 開店。休憩は昼食20~30分程度のみ
21時: 閉店
21時半: 帰宅。夕食、掃除、洗濯、ストレッチなど
24時: 就寝
 

大切なのは、人が好きであることと継続すること

 理容師として働く上で必要なのは、手先の器用さだけではなく「人が好きであること」。濱田さんは、来店したお客様が帰る時に気分よく帰宅し、迎えた家族や友人も笑顔になり、そしてお店のファンが広がっていくようにと常に心がけています。「人と人がふれあう機会が無くなってきている現代で、肌に直接ふれるこの仕事は本当に貴重だと思います」

 そしてスキルアップには、「継続すること」が大切。もともと左利きで、右手ではハサミすらまともに持てなかったという濱田さんですが、訓練をたゆまず続けたことで、今は自分の手とハサミ・カミソリ・クシだけで、世界のどこにいても働くことができるようになりました。「一生続けられることや、実力で男性と同等に働けることが女性理容師の良いところです」

 お客様から直接いただく笑顔や「ありがとう! また来ます」という言葉に励まされる毎日。その都度、努力が報われたと幸せな気持ちになるのだそう。「天職とは与えられるものではなく、気付くものだと思います。理容の仕事は、まさに私の天職。私を高め支えてくれる一生の宝となっています」

 近年、理容師を目指す若者が減少し、特にその中でも女性理容師は稀少な存在であり、さらに、女性客が増えているため引く手あまたなのだとか。「若い世代の人たちが、理容師に興味を持ち、理容師が増えることを願っています」

ヘアーサロン銀座マツナガ 成田店
http://www.matsunaga-narita.jp/

取材・文/ワイズスタッフ

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
就職・転職働き方ライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ