• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Woman of the yearヒストリー

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008
補助人工心臓を実用化した野尻知里さんが大賞に

2009年9月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

専門スキルを持ちながら組織を動かす力も備える、卓越したマネジメント力を持った女性が続々と成果を出した年でした。大賞を受賞した野尻知里さんのように心臓外科医として経験を積んだ後、医療機器メーカーの開発者へ転身し、世界初の技術を使った補助人工心臓を実用化したケース、過疎高齢化の進む町から地域の生活文化を発信し、町を活性化したケース、ファッション業界の慣習にとらわれずeコマース連動型の新しいショーを統括した女性など、プロジェクトマネジメントスキルを備えたリーダーが目立ちました。地球温暖化対策の必要性を感じ、環境ビジネスで実績を挙げる女性も2人入選。先見性を持ち、工学・金融といった分野で、組織の中で新事業を提案、統括、ビジネスにした女性が多く登場。グローバルな視点で社会的な役割を果たそうとする人が増えたことも、この年の特徴でした。
(受賞者の年齢・肩書き・情報はすべて受賞当時のものです)

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2008総合ベスト10

1位

野尻知里さん

テルモ 執行役員
テルモハート社 社長
野尻 知里 さん(55)
リーダー部門


世界初の技術を採用した補助人工心臓を開発・販売する女性経営者。医師から医療機器の開発、リーダーへ転身。アメリカへ渡りテルモハート社を設立後は、経営者として製品化を推し進めた。07年、欧州で補助人工心臓「デュラハート」を発売。「命を助けたい」という熱意をベースに、世界を飛び回り医療界をリードする。

2位

永谷亜矢子さん

東京ガールズコレクション
実行委員会
チーフプロデューサー
永谷 亜矢子 さん(35)
リーダー部門


リアルクローズのファッションショー「東京ガールズコレクション」を統括。eコマース連動型の全く新しいイベントを展開する。06年にパリ、07年に北京でも東京ガールズコレクションを成功させ、日本のファションを世界に発信した。

3位

松場登美さん

石見銀山生活文化研究所
取締役所長
松場 登美 さん(58)
リーダー部門


今年、世界遺産に登録された石見銀山にある、人口わずか500人弱の町から、地方発の生活文化を発信。行政の補助に頼らない町づくりを進める一方で、オリジナルブランド「群言堂」(ぐんげんどう)を全国展開。年商10億円を売り上げる。

4位

小島幸子さん

クメール アンコール フーズ
代表取締役社長
小島 幸子 さん(35)
キャリアクリエイト部門


日本語教師として移住したアンコールワット遺跡のあるカンボジアの街で、お土産品事業を手がける会社を起業。カンボジア原産の材料にこだわり、現地スタッフを雇用。たった3年で年商1億5000万円を超す規模に成長させた。

5位

海老澤香織さん

花王 ビューティケア事業ユニット プレミアム・ヘアケアグループ インバスグループ
海老 澤香織 さん(32)
ヒットメーカー部門


オシャレに積極的で、いつまでも美しくいたいという40代の女性が増加。この層に向けて、高額なプレミアムシャンプー「セグレタ」を企画・開発。発売1カ月で300万本を達成するヒット商品を生んだ仕掛け人。

6位

中園ミホさん

シナリオライター
中園 ミホ さん(48)
ヒットメーカー部門


平均視聴率20%を超えたテレビドラマ『ハケンの品格』(07年1~3月に放映、NTV系)のオリジナル脚本を企画・執筆。派遣社員にスポットを当て、鋭い視点で現代社会、会社の人間模様を描き、平均視聴率20%超えを実現。今年を代表するヒットドラマとなった。

7位

松村文代さん

東芝 産業システム社
事業開発推進統括部
課長代理
松村 文代 さん(42)
リーダー部門


印刷した文字が消える「消せるトナーe-blue」を製品化。オフィスでの紙の再使用を可能にすると、約150社300事業所への導入を実現した。

8位

吉高まり さん

三菱UFJ証券
クリーン・エネルギー・ファイナンス委員会 主任研究員
吉高 まり さん(45)
リーダー部門


途上国で排出権を生み出す地球温暖化対策の手段として京都議定書以降に生まれた排出権ビジネス。この分野の日本における先駆者として、途上国で温室効果ガスを減らし、排出権を生むコンサルタントとして活躍。

9位

遠藤千咲さん

タカラトミー
マーケティング統括本部  ニュープロダクトチーム
遠藤 千咲 さん(25)
ヒットメーカー部門


「つらいことを楽しくする」をテーマに、500円玉を入れるたびに貯金箱の住人が成長するというエンターテインメント性をもたせた貯金箱「人生銀行」を企画開発。初回出荷分を3週間で完売。半年で20万個を超す大ヒットとなった。

10位

橘田佳音利さん

フラジュテリー
代表取締役社長
橘田 佳音利 さん(49)
キャリアクリエイト部門


42歳での再就職で年齢差別を受けた経験から「35歳以上の女性に特化した人材紹介会社」起業を決意し、フラジュテリーを設立。同社研修受講者の9割以上が正社員としての就職に成功。

特別賞

菊地凛子さん

女優
菊地 凛子 さん(26)


映画『バベル』(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)で演じた、ろうあの女子高校生・チエコ役での高い演技力が評価され、日本人女優としては2人目、49年ぶりにアカデミー賞助演女優賞にノミネート。アジア人初のシャネルのイメージキャラクターにも抜擢された。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ウーマン・オブ・ザ・イヤー

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版